旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。

サントリー山崎蒸留所(番外編)

suntory サントリー国内ウィスキーブランド サントリー山崎 今やサントリーウィスキーの代名詞となった感のある ”山崎” …高級酒の代名詞にも上げられるブランド ”山崎” です。 suntory サントリー 山崎12年 山崎はシングルモルトシングルモルトとは、同一蒸…

サントリー山崎蒸留所

日本ウイスキーの故郷 山崎suntory サントリー山崎蒸留所 世界に冠たるジャパニーズウイスキーの歴史は、ここから始まった。 いまや世界の5大ウイスキーに名を連ね、世界的な酒類コンペティションの常連にもなったジャパニーズウイスキー。その歴史的な第一…

鵜戸神宮

神話の地、宮崎に鎮座する海岸断崖の洞窟にある神社「鵜戸神宮」 鵜戸神宮、創建は2100年前で本殿は300年前に建てられています。 鵜戸神宮、神宮、…神宮なんです。 〇〇神社、神社は沢山あります。全国で12万社。でも、”神宮” は、簡単に名乗れるわけではな…

高千穂神社・高千穂峡

神宮徴古館 狩野探道 作「天孫降臨」 神話のふるさと宮崎県高千穂のパワースポット高千穂神社 高千穂神社に参拝する上で知っておかなきゃいけないのが ”天孫降臨” です。 天孫降臨天照大御神は、孫の瓊々杵命(ににぎのみこと)に、三種の神器である八咫の鏡…

霧島神宮

天孫降臨の地 高千穂峰 「天之逆鉾」 天孫降臨の地 高千穂峰 霧島神宮本殿は、後方に高千穂峰を背負うように建てられていまして、北東方向に位置する天孫降臨の地、高千穂峰山頂には、 ”天之逆鉾” が差し込まれています。 天孫降臨とは…天=天照大神(アマテ…

古事記 神話の国「宮崎」…神々が地上に降り立った地「高千穂」を地図にしてみました!!

神宮徴古館 狩野探道 作「天孫降臨」 神が降りし日向の国「宮崎」神話のふるさと「宮崎」の神々所縁の重要地点を訪ねる! 宮崎県は、日本の原点、神々の宿る地、として有名。漠然と宮崎に憧れを持っている方も多いと思います。 神話の国「宮崎」を楽しむため…

富山ライトレール

超儲かり路線 富山ライトレール 富山の街中に来たら思い出していただきたいんですけど…ちょっと面白い話がありまして、富山港から富山駅を結ぶ ”富山ライトレール” というのが走っています。 前身はJRのローカル線、富山港線でした。…しかし、以前のJR富山港…

静かなブーム 仏像

奈良 興福寺 国宝館 仏像・仏 お寺に行くと沢山の仏像に出会うことが出来ます。 仏像、仏について…意味は?御利益は?何種類?役割って?…など知っておくと、お寺参りがいっそう楽しいものになります。 近年、 ”仏女” …仏像女子なる輩が登場しているらしいで…

北海道 大沼公園と北海道駒ヶ岳

大沼公園から望む駒ヶ岳 大沼公園から望む北海道駒ヶ岳 北海道の南部に位置する渡島半島。そのまた南部に位置し、函館市の北約16kmの距離にあるのが大沼公園です。 駒ヶ岳の火山活動によってできた大沼、小沼、蓴菜(じゅんさい)沼の湖沼からなる景観は見物…

世界のエリートたちが認める…ZEN「禅」 見えてきた日本人の宗教観

日本人が知っておくべき…「禅」 外国人は、日本人といえば ”禅” と思っています。とくに欧米のエリート層は、禅を学ぶために日本語を勉強し、禅を書物で読み、禅に憧れ来日し、南禅寺、永平寺などの禅寺を訪れるんです。 そのときに…外国人:「座禅、禅につ…

日光東照宮 NIKKO TOSHOGU SHRINE

世界遺産 日光東照宮 この日光東照宮は、無茶苦茶凄い! 「いきなりなんだよ…またかよ」…っていう皆んさんの心の声が聞こえてきました。でも今回は、本当にすごい!! いつもなら、建設された経緯から、歴史的な背景を語るのが管理人のいつもの流れですが、…

鎌倉新仏教の時代

鎌倉仏教の時代到来!! 鎌倉時代の仏教がまた…面白いんです!! ”主役は日蓮” 日蓮は、暴れん坊なんです…当時、新たな宗派が続々と誕生するんですけど…そのことごとくに喧嘩を売りつける。…”暴れん坊、日蓮” 最後は、鎌倉幕府にまで意見して島流しになっち…

最澄と空海

最澄・空海 平安仏教の開祖最澄と空海 平安時代の初期、二人のお坊さんが登場します。仏教の中に新しく、二つの宗派を開きます。最澄と空海は、804年の遣唐使で中国・唐に渡ります。そこで学んだことを元に新しい宗派を開きます。 この平安仏教が面白いんで…

仏教伝来~平安京への遷都まで(仏教編)

日本に仏教の伝わった本当の理由 表題の「日本に仏教の伝わった本当の理由」は、チョット今回の記事の意味とずれているかも知れません。 現在日本で一般的に言われているのは…「日本は、朝鮮にお願いをして、仏教をとりいれる事により、漢字が伝わり、大陸の…

日本三景 松島

松島 江戸時代のはじめ、全国を行脚した儒学者、林春斎(はやししゅんさい)が『日本国事跡考(にほんこくじせきこう)』において、卓越した三つの景観とした日本三景。 松島、天橋立、宮島は、「海の青と松の緑が対象の妙をなし、その美しさは人々の心の琴…