旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

正しい神社のお参り作法とは?

f:id:tabicafe:20200403115218j:plain

お参りの作法

 

1.神社に入るときは、鳥居や門の前で一礼してから入ります。…鳥居や門は、私たちの世界(俗世)と神様の世界(神域)を分けているとも言われます。…だから、神様の世界に「お邪魔します」というあいさつをして通ります。
また、帰るときも鳥居を出たら、社殿の方向へ礼をします…これは、神様に「お邪魔しました。」という意味のあいさつになります。

 

2.参道の真ん中は、正中(せいちゅう)といって、神様の通り道になります。そのため、正中は避けて参道の端を歩きます。
正中を横切って通らなければいけない場合は、軽く頭を下げて通ります。また、お参りをしたあとも、正中を避けて帰ります。

 

2.手水舎(ちょうずや・てみずしゃ)で手と口を清めます。
本来は、川や海で禊(みそぎ)という儀式を行わなくてはいけないのですが、神社に入るたび、毎回行うのはとても大変なので、簡易的に体を清めるために手水舎があります。

①手水舎の前で軽く一礼します。
②右手で柄杓(ひしゃく)をとり、左手を清めます。
③左手に柄杓を持ち替え、右手を清めます。
④右手に持ち替え、左手に水を受け、口をすすぎます。
⑤左手をもう一度清めます。
⑥両手で柄杓を持ち、水をすくう部分をあげて持ち手の部分も清めます。
⑦手水舎をでる時、軽く一礼します。

注意点…水は、はじめに多めにすくい、途中ですくい直さないようにしましょう…また、柄杓には、口を直接つけないようにしましょう。

 

2.二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)

通常、お参りする場所のことを拝殿(はいでん)と言います。
①拝殿の前についたら、まず45度の礼をします
②お賽銭をいれます。お賽銭は勢いよく投げず、そっといれるのが好ましいです

③鈴を鳴らします

④2回90度の礼をします

⑤手を合わせるとき、右手を少し下げて2回拍手をします

⑥お願い事を伝えます

⑦1回45度の礼をします

⑧礼のあと、拝殿を離れます

 

鈴は、お参りに来たことを神様に知らせるために鳴らすと言われています。
鈴の音は、悪い気をはらい、お参りにきた人を清める役割もあるそうです。
また、45度の礼のことを「深揖(しんゆう)」、90度の礼のことを「拝(はい)」と言います。
礼は、古代に書かれた『古事記こじき)』や『日本書紀(にほんしょき)』などの歴史書に、深く頭を下げることが神様に敬意を示す方法として書かれています。
そして拍手は、「柏手(かしわで)」と言います。手を打つことが、神様への敬意を示す方法とされています。

 

※お参りの作法も大切ですが、…なにより大切なのは、神様を尊敬し、感謝するという心持ちが重要です。
神様をつつしむ気持ちを忘れずにお参りしましょう♪

 

www.tabi.cafe

 

参考サイト

正しい神社のお参り作法とは?【気になる疑問も解決!】 | ホトカミ