旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

魔の山 谷川岳…一ノ倉沢

f:id:tabicafe:20200407110217j:plain

魔の山 谷川岳…一ノ倉沢

谷川岳は、日本百名山の一つです…初心者から上級者まで楽しめる多彩なコースがあります。四季折々の景観、そして何より山頂からの絶景が登山者を魅了します。

 

しかし、美しくて人気のある山ですが、一方「遭難者、死者が世界一多い山」としてギネス認定されている山でもあります。
統計の始まった1931年(昭和6年)からの死者は800名を超えていて犠牲者の数ではぶっちぎりです。
世界にはエベレストを含む8000m越えの山が14あります。そのすべての山の死者数を合計したものは600名ほどですから、いかに谷川岳が多くの犠牲者を出しているかがわかります。

 

なぜこのようになったかと言いますと…死者の多くは昭和初期~中期の登山ブーム時代が最も多く、谷川岳東面の一ノ倉沢などの絶壁への挑戦での滑落や厳冬期登山での事故が多くを占めます。

原因として…
・首都圏から日帰りできる近さという手軽さ
・初心者・経験の浅い人の無謀な登山・クライミング
・当時は技術も道具も発達していなかった
・未開拓のルートが数多く残っており誰にでも初登攀(はつとうはん)の栄誉を受けるチャンスがあった
…などが主な原因です。

でも現在では技術、装備の進歩と谷川岳遭難防止条例などの整備とともに遭難事故はめったに出なくなりました。

登山ブームとともに凄い時代があったんです。
現在では、谷川岳ロープウェイで一気に標高1319mの天神平まで登る事が出来ます…あとは頂上まで高低差600mを踏破するルート…調べてみたら、私のような素人でも行けそうな気がしてます。

でも岩場や鎖場もあります…ですから一人では危険です…やはり経験者と行かなければだめです…まずは経験者とお友達になることからスタートですね。

あとは、旅行会社のツアーから参加するのもいいかもしれません…初級者から上級者まで幅広い登山ツアーを用意しています…是非、調べてみてください。

 

Wikipediaより
谷川岳(たにがわだけ)は群馬・新潟の県境にある三国山脈の山である。日本百名山のひとつ。周囲の万太郎山仙ノ倉山・茂倉岳などを総じて谷川連峰という。

 

www.tabi.cafe

www.tabi.cafe