旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

山廃仕込…なに?

f:id:tabicafe:20200408081555j:plain

山廃仕込…
よく耳にします…
日本酒のブランド?種類?…日本酒の製造方法?

 山廃仕込み…よく耳にします…耳にする割には知らない…山廃仕込みについて、私、日本酒大好き、飲んだくれ野郎が解説いたします。

日本酒の瓶に「山廃〜」といった形でラベルにもよく記載されていることがあると思いますが、この「山廃」の日本酒、いったいどういった特徴があるのでしょうか。

山廃の意味を理解するには日本酒の「生酛(きもと)」について知る必要があります。こちらも日本酒のラベルに良く記載されていることが多いです。

 

まずは日本酒の造り方を確認!
日本酒とは基本的に米と麹と水によって造られます。米のデンプンを麹によって糖に変化させ、それを更に酵母菌の力でアルコール発酵させることで、日本酒が出来上がります。

それでは生酛(きもと)造りの解説です
生酛造りとは、日本酒を造る時の「酛造り=日本酒のもとになる酒母造り」に関わる言葉です。
酒母は「速醸系酒母」と「生酛系酒母」に大きく分けられます。日本酒造りに必要な乳酸を得るために、乳酸菌を一から育てるのが「生酛系酒母」の特徴でした。

山廃仕込みは、「生酛系酒母」から造られた生酛造りの派生であり、同じく乳酸菌を一から育成する流れをたどっています。つまり、生酛ならではの複雑な味わいや香味も引き継いでいると言えます。

生酛と山廃の違いは難しいわけではありません。
どちらも同じ酛づくりの手法をベースにしていることは理解できました。
ではその中で何が違うのか…それを理解するために、押さえておくポイントがあります。

生酛と呼ぶためには、生酛系酒母を造ることと、その前に行う「山卸(やまおろし)」という作業が必須です。

”山卸”とは、…酒母を作るタンクにいれる蒸米を、あらかじめ櫂(かい)と呼ばれる棒を使ってすり潰す作業のことです。蒸し米・麹・仕込み水を混ぜたものを小分けし、手で混ぜて仕込む手酛という作業から入れると、長ければ丸1日、2~3時間おきに米をかき混ぜるハードワークです。

米を溶かす時間を早めるために行う、この山卸の工程を踏んで作られるのが「生酛」なのです。
では、「山廃」とは?それは言葉を見ればわかります。「山廃」→「山卸廃止酛」の略、つまり「生酛」から「山卸」を廃止すると「山廃」になるというわけなんです。

でも山卸を廃止してお米は溶けるのか?山卸のハードな作業は誰がやるのか?という疑問が残ります。答えは「麹」です。麹の持つ力とは、お米のデンプンを糖に変えるはたらきのこと。そしてできた糖に酵母がはたらきかけてアルコール発酵がおき、日本酒になっていきます。

そもそも生酛系酒母とは、酵母が働きやすい酸性の環境を作るために乳酸菌をイチから育てるというやり方です。酵母がとってもはたらきやすい状態の「日本酒のもと」が酒母ですからね。

1909年に国立醸造研究所の実験で、山卸を行った酒母と行わなかった酒母に成分の違いがなかったことから、重労働の山卸をせずに酒造りを行う蔵元が増えていき、山廃造りが広がっていきました。

 

で…山廃の味わいは?
以上の話を踏まえて山廃の味わいはどういうものか想像しましょう。
基本はお伝えした通り、乳酸菌を一から育てて、乳酸を得る生酛系酒母ならではの、複雑な酒質に仕上がりやすいという性質はあります。

ただ、生酛と山廃という製造方法の違いが味の違いにどう影響するかは科学的にははっきりしていません。しかし、生酛造りで行う山卸のように米をあらかじめすり潰しておくことで、微生物が活動する環境は少なからず変わります。

それが、生酛独自の香りや味わいにつながってくるのではとも言われています。

もちろん、味わいの感じ方は人によって違います。また、同じ「山廃」でも蔵元によって、銘柄によって、年度によっても1本ずつ違います。

しかし、酛造りにおいて「山廃」も「生酛」も、似た工程を辿っていると理解することで、共通性が見えてくるのではないのでしょうか?

 

 

お奨めブログ管理人

www.tabi.cafe