旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。

ボクシング 1980年代中量級黄金時代

f:id:tabicafe:20200411132146j:plain

ボクシング 1980年代中量級黄金時代

 

トーマス・ハーンズ
階級:ウェルター級~ライトヘビー級
身長:185cm
リーチ:198cm
国籍:アメリカ合衆国
誕生日:1958年10月18日
スタイル:オーソドックス
プロボクシング戦績:67戦・61勝・48KO・5敗・1分


マービン・ハグラー
階級:ミドル級
身長:177cm
リーチ:191cm
国籍:アメリカ合衆国
誕生日:1954年5月23日
スタイル:左ファイタータイプ
プロボクシング戦績:67戦・62勝・52KO・3敗・2分


シュガー・レイ・レナード
階級:ウェルター級 - スーパーミドル級
身長:178cm
リーチ:188cm
国籍:アメリカ合衆国
誕生日:1956年5月17日
スタイル:オーソドックス
プロボクシング戦績:40戦・36勝・26KO・3敗・1分

この3人は凄かった…タイプの違う3人でした…3人のうち最強は??…この話になると1960年代生まれの男子は一晩中でも語り明かせるんですね。

www.youtube.com

速さなら
1位 レナード
2位 ハーンズ
3位 ハグラー

上手さなら
1位 レナード
2位 ハーンズ
3位 ハグラー

力強さなら
1位 ハグラー
2位 ハーンズ
3位 レナード

打たれ強さなら
1位 ハグラー
2位 レナード
3位 ハーンズ

3者の直接対決
・1981年 勝者レナード レナードVSハーンズ(世界ウェルター級統一戦)
・1985年 勝者ハグラー ハグラーVSハーンズ(WBC WBA世界ミドル級タイトルマッチ)
・1987年 勝者レナード ハグラーVSレナード(WBC世界ミドル級タイトルマッチ)
・1989年 引き分け ハーンズVSレナード(WBCスーパーミドル級タイトルマッチ)


でも80年代のタイトルマッチって15回戦(15R)いいですよね…レフリーも倒れるまで、倒すまで試合を止めませんからね…面白かった…本当に面白かった…。

いつからかボクシングが面白くなくなった ”危険だから試合を止める”…は??…「じゃ試合させるな!」…まったく!

ボクシングは13ラウンドからが面白い…あと3ラウンド…何度も劇的な逆転劇を見た…両者死力を尽くして、とにかく立ってるだけ…集中力を切らした相手の一瞬の隙を突いて強烈な電光石火の右フック…考えただけでもワクワクする。

最近の試合は、滅多に10カウントを見られない…チットモ面白くない!!

 

 

管理人お奨め記事

www.tabi.cafe