旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

男子テニス最強プレーヤーは誰だ!

1960年代生まれが選ぶ…
男子テニス界最強プレーヤー

60年代生まれの我々がテニスと言ったら…

 

f:id:tabicafe:20200411142638j:plain

ビョルン・ボルグ
・活動期間:1972-1983
スウェーデン
・4大大会優勝回数:11(全仏6・全英5)

 

f:id:tabicafe:20200411142727j:plain

ジミー・コナーズ
・活動期間:1972-1996
アメリカ合衆国
・4大大会優勝回数:8(豪1・英2・米5)

 

f:id:tabicafe:20200411142811j:plain

ジョン・マッケンロー
・活動期間:1976-1992
・ドイツ・ヴィースバーデン
・4大大会優勝回数:7(全英3・全米4)

…この3人でしょう。

 www.youtube.com

この3人は凄かった…タイプの違う3人でした…3人のうち最強は??
この話になると1960年代生まれの男子は、一晩中でも語り明かせるんですね。

速さなら
1位 マッケンロー
2位 コナーズ
3位 ボルグ

上手さなら
1位 ボルグ
2位 コナーズ
3位 マッケンロー

3者の直接対決
マッケンロー VS. コナーズ 31勝20敗でマッケンロー
ボルグ VS. コナーズ 15勝8敗でボルグ
マッケンロー VS. ボルグ 7勝7敗

対戦成績で見ると
・マッケンローとボルグ>コナーズ
・マッケンロー=ボルグ
しかし、年齢的にボルグの全盛期とマッケンローの全盛期が問題となってくるんですね。

全盛期で言えばコナーズとマッケンローもずれがある…それにボルグは勝ち逃げって感じで、さっさと若いうちに引退しちゃうし…ですから単純には比較できないんですよ。

でも私、あえて言います…ボルグ最強!
3人がそれぞれ全盛時に対決したとしたら…
1位:ボルグ
2位:コナーズ
3位:マッケンロー
…これで決まりです。

 

■ボルグのトップスピン…マッケンローの悪童ぶり…コナーズのバックハンド両手打ち…しびれますね。

■繰り返しますが…ボルグが最強です…異論のある方は…コメントください…(笑)

 

管理人お奨め記事

www.tabi.cafe