旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。

今、山形から…鶴岡市立加茂水族館

f:id:tabicafe:20200524063848j:plain

山形ロマン
世界一のクラゲ水族館

クラゲの展示種類数世界一で注目を集めている加茂水族館、愛称「クラゲドリーム館」を語ります。

この水族館とにかくクラゲが凄い。…クラゲにこだわった。クラゲの展示種類は50種類以上で、2012年(平成24年)には種類数でギネス世界記録に認定されました。

年間入場者数60万人と大人気!…旅好きが選んだ人気水族館ランキングでは、並みいる都市部の大資本メジャー級に混じって14位にランクイン。

旅好きが選んだ人気水族館ランキング 2019
1位:沖縄美ら海水族館沖縄県
2位:海遊館大阪府
3位:サンシャイン水族館(東京都)
4位:横浜・八景島シーパラダイス(神奈川県)
5位:名古屋港水族館(愛知県)
6位:アクアパーク品川(東京都)
7位:鳥羽水族館三重県
8位:鴨川シーワールド(千葉県)
9位:新江ノ島水族館(神奈川県)
10位:京都水族館京都府
11位:すみだ水族館(東京都)、12位:葛西臨海水族園(東京都)、13位:仙台うみの杜水族館(宮城県)、14位:鶴岡市立加茂水族館山形県、15位:アクアワールド・大洗(茨城県)、16位:マリンワールド海の中道(福岡県)、17位:宮島水族館みやじマリン(広島県)、18位:大分マリーンパレス水族館「うみたまご」大分県)、19位:しながわ水族館(東京都)、20位:新潟市水族館 マリンピア日本海新潟県

どうですか…どの水族館も都市部のメジャー級、その中で加茂水族館は、山形県です。…鶴岡市。(どこだそりゃ…)しかも市立。… ”この不利な立場でよくぞやった” …と管理人は言いたい!

f:id:tabicafe:20200524064032j:plain

加茂水族館 苦難の歴史

加茂港は江戸時代、庄内藩・鶴岡城下の外港として繁栄。明治以降の鉄道開通でその地位から転落する中、1930年(昭和5年)に湯野浜温泉組合が地域活性を目的に加茂水族館を設立。

その後、太平洋戦争中は国策の施設に転用され、戦後は県の学校の校舎に使われた。

1956年(昭和31年)に、12年間の空白期間を経て水族館として復活。集客力は高度経済成長後期の1967年度(昭和42年度)に「21万7372人/年度」に達した。

その後は凋落し始め、バブル崩壊後の1997年度(平成9年度)に「9万2183人/年度」にまで落ち込んだ。90年近い歴史において組合、県、市、第三セクター、民間、市と経営母体が変遷し、その途中に営業休止も経験した。

また、館長が負債の個人担保をしてまで存続させたり、市民からの寄付などの支援を受けて再開館したりと、経営上の紆余曲折も経ながら、クラゲに特化した水族館として復活。今や「60万人/年度」以上を集客する庄内地方有数の観光地となりました。

村上館長:「これまで加茂水族館は春から秋まで入館料を稼ぎ、それを冬の間に全部つぎ込んで水槽や施設を模様替えしてきました。それをやってきたからこそ、入館者数が増えたのです。48年かけてこの水槽を作ることができて自分は幸せ者です」

 

加茂水族館ノーベル賞

下村脩教授が2008年(平成20年)ノーベル化学賞を受賞すると、その授賞理由となった緑色蛍光タンパク質(Green Fluorescent Protein; GFP)がオワンクラゲ由来であることも報道された。

このことでオワンクラゲを飼育している加茂水族館が注目され、同館の入館者数が通常の1.5〜2倍にまで増加。飼育されているオワンクラゲは、自然界から採取した成体は発光するものの、人工繁殖で世代交代させると発光しなくなっていた。

そのことを聞いた下村が2008年(平成20年)10月24日に直接同館に電話をし、「セレンテラジンを餌に混ぜれば、2週間で光る」とアドバイスをした。そして、下村の紹介で三重大学大学院生物資源学研究科の教授・寺西克倫からセレンテラジンを譲り受け、発光実験に取り組んだ。

2010年(平成22年)4月2日には下村が初めて来館し、一日名誉館長を務めた。その後2011年(平成23年)3月に同館では来館した際の写真やオワンクラゲを用いた切手シートを発行、30枚を下村に送った。翌4月にこのうちの15枚が加茂水族館下村のサインが書かれて送られてきた。

…そんな加茂水族館を紹介いたします。

 

加茂水族館

一番の見ものは ”クラゲ” です。常時60種以上ものクラゲを展示 し、その生態や魅力を伝えます。展示室中ほどの「クラゲ解説コーナー」では、様々な成長段階のクラゲを観察。また、クラゲの餌やその食べ方についての解説も行っています。クラゲのなぜ、なに?を間近に見ながら学び、探求することができます。

クラゲシアター
少しずつ下りながら展示コーナーを進んで行くと、クラネタリウムの最後を飾るのが、まるで映画館のような「クラゲシアター」。

圧巻は、クラゲの展示水槽としては世界最大級という直径5メートルの巨大水槽。ほの暗いシアターの中、光に照らされながら約2千匹のミズクラゲがふわふわと漂っていて、まるで海の中にいるかのよう。

幻想的で美しいクラゲシアターですが、実はこの巨大水槽の中にいるミズクラゲの寿命は、およそ7~8ヶ月。クラゲは死んでしまうと、浮いてきたり沈んだりせず、そのまま形が崩れて溶けてしまうため、職員の皆さんは、溶けそうなクラゲを入念に取り除き、形の良いクラゲを入れるという作業を毎朝行っています。

また、クラゲの水槽は、水を回転させる仕掛けになっているものが多いのですが、加茂水族館の水槽は、副館長が中心になって、さらに独自に改良を重ねたものなのだそうです。

それと加茂水族館、くらげが有名ですが、魚もいます。地元の海や川で捕れた魚なので、珍しい魚はいません。珍しいのは調理法が一緒にに展示されていること! …魚のおろし方や必要量、レシピなど…。ちょっと複雑な気持ちになります…(笑)

f:id:tabicafe:20200524082414j:plain
f:id:tabicafe:20200524082241j:plain
f:id:tabicafe:20200524082428j:plain

 

アザラシプール
くるくると泳ぎ回り、ときおりこちらを見つめるゴマフアザラシと、ゆったりとプールを横切り、たまには陸に上がって寝転んでしまうキタゾウアザラシ。姿形や動きの違う2種類のアザラシを広々とした観覧スペースから見比べてみてください。

アザラシとアシカってどう違うかご存知ですか?

f:id:tabicafe:20200524082806j:plain
f:id:tabicafe:20200524082821j:plain

 

宿泊イベント 音楽の夕べ
魚やクラゲ等の水槽の前で宿泊できます。
いつもと違った雰囲気の中、特別な夜を過ごしてみませんか?
また、バックヤードツアーも開催。普段は見られない水槽の裏側をお見せします♪

定期的に音楽コンサートもしてますよ。

f:id:tabicafe:20200524083941j:plain
f:id:tabicafe:20200524083933j:plain
f:id:tabicafe:20200524083924j:plain

 

管理人の独り言 

「山形の鶴岡市…どこだ?」…って方がほとんどじゃないですかね。…管理人は知りませんでした。

ウィキペディアWikipedia)』より
鶴岡市は、山形県庄内地方南部に位置する人口約12万人の都市である。2005年の市町村合併により県内人口が第2位となり、市の面積は東北地方で最も広く全国第7位となった。鶴ヶ岡城周辺の中心市街地は江戸時代には鶴岡藩(通称:庄内藩)の城下町として栄えた。郊外には庄内米やだだちゃ豆の農地が広がり、出羽三山神社には東北地方で唯一、皇族(蜂子皇子)の墓がある。」 …との事。

f:id:tabicafe:20200524085827p:plain

市町村合併した事もあって結構大きな市なんです。観光資源も豊富!…参考まで観光ランキングです。

鶴岡市おすすめ観光ランキング TOP3
1位:鶴岡市立加茂水族館
2位:羽黒山五重塔
3位:羽黒山
羽黒山は有名ですね。…他で管理人のお奨めは…

”スタジオセディック庄内オープンセット”
数々の映画やドラマが撮影され、敷地面積日本一の撮影所を一般公開。宿場町、漁村、農村、山間集落など趣の異なるエリアが点在し、作品を彷彿させるセットが楽しめる。

映画「るろうに剣心」やドラマ「勇者ヨシヒコ」など、今までに撮影された作品は41作品に及びます。広大な敷地内の移動には周遊バス(500円)が便利。大自然と映画セットの最高のロケーションの他にも、貸衣装、ダンボール迷路、大太鼓、矢場等のアトラクションを各所で開催、お食事店、お土産店もあり楽しみ処満載!

…そんな鶴岡市に是非お越しください。

 

 

当ブログお奨め記事

www.tabi.cafe