旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。

越中八尾 おわら風の盆

f:id:tabicafe:20200612052222j:plain

格子戸のある旅籠宿が、土蔵造りの民家が往年の佇まいを偲ばせる越中八尾。その町並を吹き抜ける二百十日の大風をおさめ、五穀豊穣と永遠の繁栄を祈るために、かくも情緒豊かに気品高く唄い踊り継がれる、越中八尾おわら風の盆

おわら風の盆(おわらかぜのぼん)知らない方も結構いるんじゃないでしょうか。富山県富山市八尾地区で江戸時代から続く、踊りのお祭り。毎年9/1~9/3日の3日間、八尾地区11町のそれぞれの町内で踊り(輪踊りと町流し)が披露される。

f:id:tabicafe:20200612052327j:plain
f:id:tabicafe:20200612052351j:plain

人口2万の越中八尾に全国から20万人もの観光客が集まる。

二度三度と訪れる人が多い、一度くればもう一度来たくなるリピーターの多いお祭り。いつもは1時間に1本、1両で走っているようなJRの列車がこの3日間は、1時間に5本、8両編成なんてことになる。

富山県一のお祭り、県民の思い入れ、支援体制、町民の意気込み、情熱、力の入れようが伝わってくるようなお祭りです。

f:id:tabicafe:20200612053851j:plain
f:id:tabicafe:20200612054238j:plain

涼しげな揃いの浴衣に、編笠を目深にかぶり、笠の間から少し顔を覗かせたその姿は、実に幻想的であり優美。闇に橙色の灯が浮かび上がり、誰もがおわらに染まっていきます。

f:id:tabicafe:20200612055801j:plain
f:id:tabicafe:20200612055811j:plain

おわら風の盆 歴史

祭り起源は、元禄15年(1702)3月、加賀藩から下された「町建御墨付」を町の開祖米屋少兵衛家所有から取り戻した祝いに、三日三晩、歌舞音曲無礼講の賑わいで町を練り歩いたのが始まりとされています。

どんな賑わいもおとがめなしと言うことで、春祭りの三日三晩は三味線、太鼓、尺八など鳴り物も賑々しく、俗謡、浄瑠璃などを唄いながら仮装して練り廻りました。その後、二百十日の風の厄日に風神鎮魂を願う「風の盆」と称する祭りに変化し、9月1日から3日に行うようになったと言われます。

f:id:tabicafe:20200612060541j:plain

秋の気配が漂い静寂が深くなる八尾町。昔ながらの町並みはとても風情があり、この時期のそぞろ歩きにぴったり、哀愁漂うおわら節や胡弓の優雅な調べは一度聞いたら耳から離れません。

おわら風の盆 スケジュール

越中八尾 おわら風の盆、3日間で20万人が訪れる全国屈指の祭。哀愁を帯びた三味線と胡弓の音色や味わいのある唄が、踊り手の優美な所作をより一層引き立てている。

青丸:日本の道百選通り(諏訪町)」「緑⇒:曳山展示館」「赤⇒:JR越中八尾駅」

f:id:tabicafe:20200612094916j:plain

スケジュール
風の盆 前夜祭 8/20~8/30日
風の盆 本 祭 9/1~9/3日

この前夜祭がバカにできないんです。
8/20~8/30日まで11日間…なぜ11日間なのかは、東新町、西新町、諏訪町、上新町、鏡町、東町、西町、今町、下新町、天満町、福島の11の町がそれぞれ1日ずつ担当するので11日間なのです。

前夜祭では、まず曳山展示館ホールで18:30~19:50に上映会や踊り方教室などを開催(有料:1500円)。その後、20:00~22:00まで各担当の町がそれぞれの町内で町流しと輪踊りを行います。

前夜祭は、本祭の練習の意味もあるんじゃないですかね…空いているからじっくり踊りを見ることが出来ます。

そしてこの前夜祭は、一般観光客でも参加することができるんです。18:30からの踊り方教室に参加して、ぜひその後の町流しを体験してはいかがでしょう。

f:id:tabicafe:20200612085037j:plain

 

本祭 9/1~9/3日
15:00~17:00、19:00~23:00まで各町内で町流し・輪踊りが行われます。もっとも混雑するのは諏訪町1~4丁目で、19:00から終わりまでずっと人混みが多いです。

また、上新町、鏡町、東町、西町、今町、福島も比較的人が多いでしょう。15:00から17:00までの早い時間帯はどこも空いているので、ゆっくり鑑賞できますよ。

1日目~3日目では14:00~16:00の間、八尾曳山展示館で踊り方教室(500円)を開催しています。22:00頃から各場所で一般観光客も参加可能な、輪踊りが始まります。おすすめは上新町と福島駅前通り。服装は自由なので、ぜひ越中おわら風の盆を体験してみてください。

※輪踊り:観衆が周りを取り囲む中、踊り手が輪になって踊ることを「輪踊り」と呼ぶ。種まきや稲刈りなど農作業にちなんだ豊年踊りが基本となっている。

※町流し:唄と楽器を奏でる地方と呼ばれる一団と踊り子たちが町中を踊りながら練り歩くことを「町流し」という。

※地方:おわらに欠かせない役割を担っているのが唄と楽器で奏でる「地方」です。地方は「唄い手」「囃子」「三味線」「太鼓」「胡弓」をいいます。注目は、おわらには、なくてはならない哀調の音色を奏でる胡弓です。が…八尾では「目立ってはいけない楽器」として教えられる楽器です。

f:id:tabicafe:20200612095148j:plain

日本の道百選に選ばれた道

諏訪町、その中心部を走る石畳のまち並みで、一般家屋も色や形を統一しており、江戸時代のまち並みの佇まいを残しています。石畳舗装、無電線化の整備が行なわれ、昭和61年には「日本の道100選」に選ばれました。

f:id:tabicafe:20200612085507j:plain
f:id:tabicafe:20200612085519j:plain

おわら風の盆でも一番人ごみの多い場所(諏訪町)、比較的空いている昼間の時間帯で散策するのがいいでしょう。

 

胡弓

おわらには、なくてはならない哀調の音色を奏でるのが胡弓です。

胡弓がおわら風の盆の地方に取り入れられたのは、比較的新しい明治40年代のことです。新参者という事もあって八尾では「目立ってはいけない楽器」として教えられる楽器だそうです。(明治40年でも新参者…笑)

f:id:tabicafe:20200612110057j:plain
f:id:tabicafe:20200612110109j:plain

現在、胡弓を奏することが出来る者は少数で、製作者ともなると、その工法の難しさからか県内でも数えるほどしかいません。

昔から、胡弓の奏者は楽器を自分で作ったものです。弾くときも昼と夜、内と外、民家と集会場とでは音が違い、環境に応じて楽器を弾き分けることができなければ、自分の思ういい音が出せません。納得できないのは、自分が一番よく知っています。そこで胡弓を弾くなら弓から作りなさいといわれています。

胡弓を作る
胡弓の澄んだ音を出す弓には、良い音色を奏でるために真っ直ぐな竹が必須です。弓は氷見産の孟宗竹が最適とされています。また、竹の採取時期とも無関係ではなく、竹の子から4年たった竹で10月1日~25日に採るものが、水分を含まず、歪みが生じないといわれています。

さらに、工法にも様々な工夫がされており、薄く切った竹を5~6枚接着剤でつないだり(矯正のためもある)、上下性質の異なるものを使ったりします。白くて柔らかい竹は低音が利くのだそうです。

駒についても、黒檀、紫檀、いろいろ試したけれどやはり竹に戻るといわれています。柔らかくても固くても駄目。あの薄い駒を作るにも、竹の性格を読み、張り合わせ、削って、磨いて、厚さを調整して、あの形になります。極めれば美しい駒になります。

www.youtube.com

管理人の独り言

おわら風の盆の本祭、最終日の3日は、15:00~17:00の町流し・輪踊りと、演舞場での競演は行われません。その代わりに19:00~の町流し・輪踊りでは、祭のスケジュールである23:00を超えても続けられるところが多く、祭りの終わりを惜しむように、明け方まで続けられます。

越中八尾駅では、毎年始発列車の乗客をおわらで見送る「見送りおわら」が名物。夜通し越中おわら風の盆を楽しんで、始発で帰路につくわけです。

おわら風の盆は、前夜祭、本祭と楽しんで…最後は始発で帰る。(中には、ここまでやる人もいるんでしょうね…笑)

 

宿の予約を忘れずに!
おわら風の盆は、毎年同じ日程で開催されるため、観光客は予定を立てやすい反面、八尾町内のホテルは、1年前から予約で満室ってこともザラです。越中八尾町内の宿泊施設の予約が取れれば一番ですがかなり厳しい...。

でも富山駅周辺には、沢山のビジネスホテルがありますから…なんとかなるでしょう。(富山駅周辺エリアも結構楽しいですよ…)

 

 

当ブログお奨め記事

www.tabi.cafe