旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

ゴンドラに乗って1,400mの山頂駅へ 日本一の星空観賞「ヘブンスそのはら」

f:id:tabicafe:20200614062135j:plain

長野県阿智村 富士見高原 ヘブンスそのはら
日本一の星空&夜景観賞 天空の楽園

夜空、星空を見るなら昼神温泉郷をかかえる阿智村(あちむら)です。

環境省による全国星空継続観察で「星が最も輝いて見える場所」第1位に認定された長野県阿智村

人口6,600人程度の小さな村ですが、美しい星空を堪能できる「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」が、いま大ブームとなっています。満天の星を求めて、多い時には一晩で2000人以上もの観光客が訪れるそう。

今回は、そんな話題の天空のツアーを語ります。

 

f:id:tabicafe:20200614061916p:plain

昼神温泉郷 復活に向け…

阿智村は長野県の南端、岐阜県に接する山間の静かな村です。村には昼神温泉郷があります。昭和48年に発見された比較的新しい温泉。順調に発展して南信州最大の温泉郷に…。しかし10年ほど前から集客に苦戦、…そこで目を付けたのが阿智村が誇る星空でした。

昼神温泉は考えました…
「夜の商品を作ればいいんじゃね?」
「星空見せればイベント終了は夜中…」
「…って事は、遠くに行けないよね」
「つまり、当然宿泊は、昼神温泉でしょう…(笑)」
…ってね。

そして現在では、 ”天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー” が大人気!

星空ナイトツアーは、2013年にスタート。来精舎数は、初年度6000人ほどでしたが、現在では、星空関連で年間50万人が訪れる稼ぎ頭に大成長!

調子に乗りまくって今度は、数々の賞までもらう事に…
2015「第1回ジャパン・ツーリズム・アワード」 地域マネジメント部門賞受賞
2015「信州ブランドアワード」長野県知事賞受賞
2016「第2回ジャパン・ツーリズム・アワード」 地域マネジメント部門賞受賞
2017「第21回ふるさとイベント大賞」優秀賞受賞
2017「第3回ジャパン・ツーリズム・アワード」地域マネジメント部門賞受賞
2017「2017年度 グッドデザイン賞」受賞
2017「第29回星空の街・あおぞらの街」環境大臣賞受賞
2018「第4回ジャパン・ツーリズム・アワード」 地域マネジメント部門賞受賞
2019「第5回ジャパン・ツーリズム・アワード」 地域マネジメント部門賞受賞
2019「2019年度 グッドデザイン賞」受賞
…もう大変…勢いが止まりません!!

 

f:id:tabicafe:20200614063201p:plain
f:id:tabicafe:20200614063226p:plain

2016「星の婚姻届」日本一の星空の村 オリジナル婚姻届が新登場!
2016「星のナンバープレート」2016年9月1日より星のナンバープレート交付!
2018「日本一の星空デザイン缶」サッポロ生ビール黒ラベル発売
2019「星の郵便ポスト」日本郵便と企画
2019「ホームスターVR SPECIAL EDITION」PS4が発売
2019「昼神温泉に泊まって、土岐プレミアム・アウトレットに行こう!」
2019「CARAVAN STORIES」ファンタジーRPG発売
2020「星降る惑星(アステロイド)」アニメとコラボ
…やればやっただけ…全て大当たり!

f:id:tabicafe:20200614063305p:plain
f:id:tabicafe:20200614063316p:plain

※「婚姻届け」「原付ナンバープレート」は村でも発行できますから… ”出来る事は何でも総動員” って感じですね。

 

ゴンドラに乗って1,400mの山頂駅へ
日本一の星空&夜景観賞 天空の楽園 ヘブンスそのはら

冬場のスキー用のゴンドラを利用して春から秋に毎日ツアーを行っています。山麓のゴンドラ乗場から来場者を異空間に誘う世界観を演出…山麓駅の名称は「ステーションベガ」駅の内部は宇宙ステーションのような非日常的な空間になっている…

f:id:tabicafe:20200614074612p:plain
f:id:tabicafe:20200614084427j:plain

なぜかスタッフがNASAのジャンバー?…いいの?

そしてゴンドラに乗って標高800mの乗場から15分をかけて1400mの山頂駅へ…
「現在、太陽系第6惑星土星のそばを航行中です」
…というアナウンスが…ゴンドラは宇宙船なんです。普通は、夜、ゴンドラに乗る事はありません…これはこれで貴重な体験。

f:id:tabicafe:20200614084620j:plain
f:id:tabicafe:20200614084609j:plain

山頂駅は別世界…

f:id:tabicafe:20200614085156j:plain
f:id:tabicafe:20200614085442j:plain
f:id:tabicafe:20200614085457j:plain

人気の撮影スポットで記念写真を撮って山頂ステーションデネブにある売店を覗いて見るのも楽しいです。観賞前に飲み物などはいかがですか?

消灯時間が近づくと続々人が押し寄せてきますので早めに場所取りをしておきましょう…各々広場で夜空観察の準備です。

f:id:tabicafe:20200614080306j:plain
f:id:tabicafe:20200614080314j:plain

そしてカウントダウンが始まります(2部構成で20:30・22:30に消灯)。

3、2、1(一斉に明かりが消える)… ”おー” …拍手と歓声。星空コンシェルジュの解説が始まります。レーザーポインターで星を指し示し懇切丁寧な説明。

f:id:tabicafe:20200614081151j:plain
f:id:tabicafe:20200614080902j:plain

国内有数の天体望遠鏡メーカー「Vixen(ビクセン)」がイベントに協賛しているため、天体望遠鏡を使った天体観測が楽しめます。普段、望遠鏡なんか覗けませんからね…しかも無料、かなり嬉しい。

f:id:tabicafe:20200614092926j:plain
f:id:tabicafe:20200614092916j:plain

 

来場者の声
「大阪に住んでいますが子供の頃に観た星って感じで懐かしかったです」
「名古屋、星ないんでマジ感動しました」(名古屋にも星あるだろう…笑)
「人生初、天の川」
「来年も来る」
「地元の星と比べると明らかに違ってプラネタリウムみたい」

 

準備・注意事項

・山は寒い…山頂の標高1400m、標高が100m高くなると、気温が0.6℃下がると言われていますので、単純計算でも海抜0mの場所とは8.4℃も差がある。… ”しかも夜” なめてるとひどい目に合う!

・懐中電灯があれば最強!…スマホの灯りでも問題ないですけどね。

・天気予報の確認…天気予報を確認してその日に予約。(予約しないと入場制限で券を買えない事もあるし、券売所はディズニーランド並みに混む)

・レジャーシートは必需品…外でねっ転がるのが気持ちいー。

f:id:tabicafe:20200614093535j:plain

管理人の独り言

実は管理人、星空ぜんぜん詳しくありません。(北斗七星とオリオン座ぐらいかな…笑)…でも、宇宙は大好き!このブログでも宇宙関連の記事を ”37本” 書いています。

夜、寝るときに布団に入って目をつぶって宇宙の広さを想像しながら眠りにつくことが好きです。

宇宙の大きさ、長さ、距離、広さ - 旅cafe」は、宇宙の広さを解説した記事です。

宇宙の事を考えながら寝るときっといい夢を見ることが出来ますよ…(笑)

 

 

 

当ブログお奨め記事

www.tabi.cafe