旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。

ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所 NIKKA WHISKY

f:id:tabicafe:20200618083309j:plain

「日本で本物のウイスキーを作りたい」
創業者 竹鶴政孝の情熱から、ニッカのウイスキー作りは始まった。

今回は、ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所、工場見学を案内します。その前にニッカウィスキー創業者・竹鶴正孝について語ります。

竹鶴正孝といえば、2014年放送のNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」を思い出す方も多いでしょう。玉山鉄二が演じた主人公 ”マッサン” は、ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝です。

f:id:tabicafe:20200616054639j:plain
f:id:tabicafe:20200616054647j:plain

 

日本ウイスキーの父 竹鶴政孝

1923年、鳥井信治郎に招かれ寿屋(現在のサントリー)山崎蒸溜所初代所長として、日本初の本格スコッチ・ウイスキー製造を指揮。その後、より本格的なスコッチの製造を指向して大日本果汁(現在のニッカウヰスキー)を興した。あくまでも品質にこだわり続けた技術者として知られる。

1962年、イギリスのヒューム外相が来日した際、 “一人の青年が万年筆とノートでウイスキー製造技術の秘密を全部盗んでいった” という意味の発言をしたといわれている。もちろんこれは竹鶴に対する賞賛であった。

このとき話題に出たノート  ”竹鶴ノート” はしばらく所在不明であったが、のちに竹鶴が当時所属していた摂津酒造関係者の子孫が保存していることが分かり、ニッカウヰスキーに寄贈された。

酒量はウイスキー1日1本。晩酌には同社のハイニッカを好み、おつまみとして醤油味の超極薄の薄焼き煎餅と供に楽しみながら飲んでいた。(「晩年には3日で2本に減らしたという」…それでもかなり多い!…笑)

 

竹鶴政孝を語る

”マッサン” 見てましたよ。滅多に朝ドラ見る事ないんですけどマッサンは見ていました。で…実際の竹鶴政孝の生涯を調べたところ、まさに朝ドラ「マッサン」でした。

1918年、竹鶴はウイスキー造りを学ぶため、スコットランドに留学する。そこで運命的な出会いをしたのが、スコットランド女性のリタでした。彼女は終生、竹鶴を支える事になります。

f:id:tabicafe:20200618083426j:plain

竹鶴は、苦労の末、 グラスゴー西南のヘーゼルバーン蒸留所に潜り込みウイスキー製造を学び始める。その際、製法をまとめたものが ”竹鶴ノート” となる。

帰国後、サントリーの前身である寿屋の鳥居信治郎の要請を受け、山崎にウイスキー蒸留場を建設。6年の歳月を経て1929年国産ウイスキー第1号の「サントリーウイスキー白札」を誕生させる。

その後、約束を果たした竹鶴は、さらに理想のウイスキーづくりを目指して北へと旅立ったのだ。

そして理想の地、北海道余市にたどり着く、ニッカの前身「大日本果汁(株)」の出発の地となる。当初はりんごジュースを作りながら資金をつなぎ、ウイスキーの原酒を作り続けた。

長い冬が幾度か訪れ、また春が巡り来て、貯蔵庫の原酒は豊かで贅沢な眠りについていた。

 

竹鶴政孝とリタ

1920年1月、カリカリと紙の上にペンを走らせる音以外、グレート・ハミルトン街カールトンにある地区登記所は森閑としていた。婚姻書類へのサインを行った。そこには妹のルーシー以外、立ち合い家族の姿は無かった。竹鶴政孝25歳、ジェシー・ロベールタ・カウン、愛称リタ23歳の時だった。

竹鶴の回送より…
政孝:「結婚してほしい、リタ。君が望むならここに留まる」
リタ:「いいえ、あなたには大望があるはずよ。私たちは、日本に行くべきです」

毅然としながらも優美な感情を口許に浮かべて、リタは諭すように政孝に言った。家族や親戚の反対を押しきってなお、住み慣れた故郷を離れる事も厭わないというこの女性に恋した事を誇らしくも切なく、そして愛おしく思った。
…と竹鶴は記している。

愛妻リタの献身的なささえを受け、キャンベルタウンのヘーゼルバーン蒸留所での実習は、最後の仕上げに入った。精密な記述で残された「竹鶴ノート」は、書物の読解などリタの協力なしにはできなかっただろう。

f:id:tabicafe:20200618084142p:plain
f:id:tabicafe:20200618083837j:plain

1929年、リタを伴い帰国。リタは大阪弁を習得し、日本の風俗、食文化をも自分のものにする。

政孝という人間は、天才らしく、ハチャメチャなところがある。そこをリタが丸くおさめていたのだ。最終的に竹鶴が理想の地とした北海道余市での蒸留所では、従業員に対しての世話などで竹鶴をサポートする。

政孝の傍らには常にリタの姿があった。リタの存在なしにニッカウヰスキーは無かったのです。

しかしリタは、政孝を残し1961年、64歳で亡くなる。政孝が没する18年前の事でした。

 

更なる夢を追い求めた緑の渓谷
ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所

北海道余市でスタートしたニッカから30年。竹鶴は新しい新たな蒸留所建設を考えていた。
「異なる蒸留所で生まれた複数の原酒をブレンドする事で、ウイスキーは、より味わい深く豊かになる」…とうい信念を持つ竹鶴は、全国の候補地の中から選んだのが宮城峡。

f:id:tabicafe:20200616055352p:plain

仙台の街から西へ25km、山形との県境、広瀬川と新川(ニッカワ)という二つの清流に恵まれた緑豊かな渓谷。

竹鶴は初めてこの地を訪れた時、新川の清流で持っていたブラックニッカを割って飲み、味わいを確認。その場で蒸留所建設を決定したと言われています。

竹鶴が第二蒸留所に求めたものは、余市蒸留所とは、全く違う個性の原酒づくり。華やかで軽快なモルト原酒を作る事で、ブレンドに幅と奥行きを持たせたいと考えていました。

f:id:tabicafe:20200618075932j:plain

余市と違い「蒸気間接蒸留方式」を採用。ポットスチルも余市と異なり、胴体部分に丸い膨らみを持たせた「バジル型」。そしてもう一つ、宮城蒸留所が誇るのが「カフェ式連続式蒸留機」。導入当時、既に旧式とされていた蒸留器をあえて導入。

扱いにくく、微妙な匙加減が必要だが、旧式だからこそ原料本来の香りや甘みを引き出すことが出来る蒸留機を竹鶴は選んだのです。

更に高い理想を目指し第二の蒸留所で挑戦をし続けた竹鶴政孝。現在、宮城蒸留所では、彼の情熱を受け継ぐ人々がウイスキーのおいしさを求め、様々な試みを続けています。

 

ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所 工場見学

キルン塔
乾燥塔(キルン塔)は、大麦麦芽を乾燥させるためのもの。ウイスキーの独特なピート香(スモーキー・フレーバー)は、大麦麦芽をピートでいぶして乾燥させる間に自然に染み込んだ香りです。

現在、この乾燥塔は利用されていませんが、特徴的な「パゴタ屋根」と風格のある佇まいは、蒸溜所のシンボルになっています。

f:id:tabicafe:20200618080756j:plain

 

貯蔵庫
緑豊かな木々に映える、赤煉瓦の貯蔵庫。180,000㎡の敷地内に、現在、25棟の貯蔵庫が立ち並んでいます。

ウイスキーは自然が育むもの」という創業者・竹鶴政孝の意思に基づき、蒸溜所内の木は必要以上に伐採されることなく、宮城峡蒸溜所が建てられた当時の環境が保たれており、電線は全て地下に埋設しております。

f:id:tabicafe:20200618081204j:plain

「自然を大切にしなければおいしいウイスキーはつくれない」。竹鶴政孝は折にふれ、自然への敬意を口にしていたという。その考えは宮城峡蒸溜所の設計にもはっきりと生かされています。

建設地の樹木の伐採は最小限に留めて森を残し、土地の起伏や傾斜をそのまま生かし、製造設備ごとに異なる高さの建物を作っています。

f:id:tabicafe:20200618082723p:plain

リタがささえ、竹鶴政孝が切り開いた。…こうして日本にウイスキーが誕生したのです。


工場見学について
宮城峡蒸溜所では、ご案内係がウイスキーの製造工程やニッカウヰスキーの歴史についてご紹介します。

緑豊かな自然の景観をそのまま活かした工場内をみなさまとご一緒に、キルン塔、仕込棟、蒸溜棟、赤煉瓦の貯蔵庫などをご紹介させていただき、その後、無料のご試飲をお楽しみいただけます。

■ご見学の流れ
映像上映(約10分) ⇒ 蒸溜所内ご案内(約30分) ⇒ 無料ご試飲(最長20分) ⇒ お買物(約10分)

※ご試飲とお買物はお客様でお時間をご調節頂けます。
悪天候の場合、工場見学が出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

見学費:無料

参考サイト:「NIKKA WHISKY

管理人の独り言 

ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所を楽しむためには、竹鶴政孝とリタについて知る事は大切ですが…もう一つ。

ウイスキーについて知らなければなりません。前回書いた記事と合わせて読んでいただきたい。ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所訪問が、いっそう楽しい時間になるはずです。

ウイスキーについて書いた記事「ウイスキーの基礎知識 - 旅cafe」です。

 

 

当ブログお奨め記事

www.tabi.cafe