旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

大観峰

f:id:tabicafe:20200813132214j:plain

大観峰からの景観

大観峰阿蘇山

熊本に来たら阿蘇山です。
これは約束、大観峰…寄らなきゃダメ!!

大観峰とは、阿蘇山を形成する南北25km、東西18kmの広大なカルデラを取り巻く外輪山の一部を言います。

阿蘇外輪山の最高峰にあたる場所で標高は936m、この場所からの眺めは絶景で大観峰と呼ばれています。

f:id:tabicafe:20200813132503j:plain

阿蘇山阿蘇五岳カルデラ・外輪山)

この場所(赤丸)からは、カルデラの中央部分にそびえる青丸阿蘇五岳(あそごがく)を一望することが出来まして、阿蘇五岳が仏の涅槃像(ねはんぞう)に見える事で有名です。

f:id:tabicafe:20200813123710j:plain

阿蘇五岳(根小岳・高岳・中岳・杵島岳烏帽子岳

根子岳=顔
高 岳=手を胸の上に組んでいる
杵島岳烏帽子岳=膝
…お釈迦様が寝ている姿の涅槃像に見えますかね。

阿蘇山

順序が逆になってしまいましたが、改めて阿蘇山を案内します。

阿蘇は典型的な二重式の火山です。
阿蘇山といえば、阿蘇五岳を中心にした東西にのびる連山を呼ぶことが多いですが、広い意味では外輪山や火口原をも含めた総称です。  

外輪山は南北約25km、東西約18km、周囲約128㎞もあり、世界最大級の火山です。火口原には、約5万人が生活していて、田畑が開け、国道・電車がとおり、阿蘇市・高森町・南阿蘇村の3つの自治体があります。

阿蘇は火の国熊本のシンボルであり、高岳(1,592m)を最高峰に根子岳(1,433m)、中岳(1,506m)、烏帽子岳(1,337m)、杵島岳(1,321m)と連なっている阿蘇五岳ほぼ900mの高さで火口原を囲む外輪山等どれを取っても第一級の風景です。

阿蘇が現在の山容になるまでは古い活動の歴史があり、10万年前、阿蘇が現在ある場所には数多くの火山があり、活発な活動をしていました。これらの火山が一斉に噴火活動をし、火山灰、溶岩などを噴出、この活動が終ると大陥没がおこって、今の外輪山の原形が生まれました。

このくぼ地に火口湖ができ、立野付近で断層や侵食がくり返され、湖水が流れ出しました。3万年から5万年前に東西方向に並んで阿蘇五岳の山々が噴出したといわれています。

f:id:tabicafe:20200813140302j:plain
f:id:tabicafe:20200813140315j:plain
阿蘇中岳火口

阿蘇中岳火口(阿蘇山上)について
活発な噴火活動を続ける中岳。白い煙をあげる火口周辺は、溶岩の露出したダイナミックな山肌を望む風景が広がっている。

火口を間近で見学するには有料の阿蘇公園道路を車で上るか、ロープウェーを利用すればOK。また、雄大な景色に包まれて徒歩で登るのも趣深い。ガス発生による登山規制もあるので注意を。

※2020/8/13現在は火口から1キロの範囲は立入禁止となっています。

大観峰

大観峰は、阿蘇の中心地とも言える阿蘇駅からは車で約20分。
これまた阿蘇観光のシンボルでもある阿蘇山中岳火口からは車で約50分。

f:id:tabicafe:20200813151518j:plain

大観峰

思ったより遠いな~と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
それだけ阿蘇は悠大という事。
大観峰へ向かう道すがらの車窓も絶景!運転手さんはわき見にご注意。

大観峰駐車場は無料で500台駐車することができますが、人気の観光スポットなので土日は混雑するのでご注意を。

f:id:tabicafe:20200813151738j:plain

500台停められる 阿蘇 大観峰 無料駐車場

駐車場からは約3分ほど、遊歩道を歩いて展望所を目指します。
かなり傾斜が急なので少し疲れると思いますが、景色のために頑張って登ってください。

f:id:tabicafe:20200814082355j:plain

駐車場から大観峰への散策路

大観峰の標高は936メートルあり、展望台の淵へ行くと足がすくむほど。
晴れた日には「これぞ阿蘇!」という景色が広がりますが、季節や時間によっても大観峰はさまざまな絶景を楽しませてくれるのです。

f:id:tabicafe:20200813151508j:plain

大観峰から望む絶景 阿蘇五岳(涅槃像)

大観峰は夜景と星空が素晴らしい

f:id:tabicafe:20200813152301j:plain

夜間の阿蘇カルデラ

大観峰は新緑の季節の緑いっぱいの景色も素敵ですが、夜景も素晴らしいのでおすすめです。

街の光と夜空の星がキラキラしていて、とても幻想的な風景が広がります。
もし阿蘇に宿泊する場合は、日が暮れた後に大観峰へ足を伸ばしてみてください。

大観峰は雲海を見ることもできる

f:id:tabicafe:20200813152444j:plain

大観峰からの雲海

大観峰では雲海が出ることも多く、名物です。
雲を上から眺めることのできる非日常体験は、見る者を感動させます。

街の様子がまったく見えなくなるくらい、肉厚な雲海が出ることも多くあります。

もし大観峰で雲海を見ようと思うのであれば、冷え込む夜明け前~早朝のタイミングを狙いましょう。
雨あがりだったり、風が弱い日であれば、なおよいです。
季節でいうと、秋ごろに発生しやすいと言われています。

大観峰の日の出は美しい

f:id:tabicafe:20200813152626j:plain

大観峰からの日の出

大観峰に夜明け前に来たのに雲海が見れなかった」

そんな時でも落ち込む必要はまったくありません。大観峰の日の出も素晴らしいからです。
雲海が見られなくても、ぜひ日の出まで待ってみましょう。

日本ではないような絶景に思わず息をのむはずです。
この朝日を見るだけで、一日の最高のスタートができますね。

朝焼けを見ながら缶コーヒーを飲むだけでも、それはそれは格別のおいしさです。

 

最後に…

熊本に来たらやはり、阿蘇山を見て帰らなきゃいけません。
中岳の阿蘇中央火口は、立入禁止がしょっちゅう出ますが…見られたらラッキーと思ってください。

阿蘇中央火口が見られなくとも、大観峰から、遠目で見る阿蘇五岳も素晴らしいです。阿蘇五岳の涅槃像のお腹の辺りから、もくもくと上がる噴煙が見られるかもしれません。

とにかく阿蘇の自然を満喫しなきゃ熊本に来たかいがありません。

大観峰 利用案内

入場料:無料
駐車場:有り(無料)
所在地:熊本県阿蘇市山田2090-8

参考サイト:「九州ラボ

管理人の独り言

記事をここまで読んでくれた方は、広大な阿蘇山エリアを理解して頂けてると思います。阿蘇山カルデラには沢山の人が住んでいて、多きな町(阿蘇市)もあります。

当然ながら鉄道が敷かれています。
熊本から大分をつなぐ、豊肥本線です。

阿蘇山カルデラを突っ切るわけです。
カルデラ自体は平坦ですが、その周りを大観峰を含む外輪山が取り囲んでいる…
・山なんです
・坂道
・急斜面
…列車は自動車とは違って坂道を上れません!!

そこで登場するのがスイッチバックです。

f:id:tabicafe:20200814071924p:plain

豊肥本線 三段式スイッチバック

スイッチバックとは、坂道が苦手な列車がスイッチバックという鉄道方式によって急こう配の線路を上って行きます。

f:id:tabicafe:20200814075550j:plain

真っすぐ手前に頭から入って来て、スイッチバックして左斜め上にバックで上って行きます。

スイッチバック地点を少し通り過ぎて軌道を切り替えて折り返すんです。折り返してバックで上って行く鉄道方式、…つまり進行方向が変わるわけです。

豊肥本線スイッチバックは、特徴がありまして ”三段式スイッチバック と呼ばれていて2回折り返して、Z字型に急こう配を上って行きます。

JR豊肥本線を使って熊本駅から阿蘇駅に向かう場合…
阿蘇カルデラの外輪山にぶち当たる
・標高170mの瀬田駅から標高277mの立野駅
立野駅で1回目のスイッチバック
・バックで1キロ登る
立野駅から1キロ地点で2回目のスイッチバック
…そして標高465mの赤水駅を目指します。

このZ字型の三段式スイッチバックが体験できる数少ない路線がJR豊肥本線なんです。

鉄道マニアにはたまりません!!
管理人は鉄道ファンであってマニアではありません。(その違いはなんだ…笑)

2016年熊本地震によって大きな被害を受けたJR豊肥本線スイッチバックですが2020.8.8ようやく全線開通いたしました。

熊本にお越しの際は、是非、Z字型、三段式スイッチバックに乗ってJR豊肥本線を応援していただきたい。

f:id:tabicafe:20200814081424j:plain

JR豊肥本線 立野駅

 

 

 

当ブログお奨め記事

www.tabi.cafe