旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

水木しげるロード MIZUKI SHIGERU ROAD

f:id:tabicafe:20200703194820j:plain

妖怪の聖地
鬼太郎に会える街 境港

ゲゲゲの鬼太郎の作者「水木しげる」の出身地、鳥取県境港には、 水木しげるロード があるんです。

ここが楽しいんです。…ゲゲゲの鬼太郎ファンには、たまらない街…聖地ですね。

水木しげるといいますと、近年では、平成22年に朝ドラ(NHK朝の連続テレビ小説)で、水木しげるの生涯を描いた「ゲゲゲの女房」が放送されました。

主演の水木しげる役を向井理(むかい おさむ)が…ヒロインの女房役を松下奈緒が努めました。…ここまで説明すれば、もうおわかりですね。

f:id:tabicafe:20200703171402j:plain
f:id:tabicafe:20200703171410j:plain

 

境港駅を出たら、 そこはもう妖怪の世界
水木しげるロード

JR境港駅から続く約800mの通りに177体の妖怪ブロンズ像が並ぶ水木しげるロード

昭和レトロな街並みと妖怪たちが創り出す、懐かしくも不思議な世界。
夜はロードに潜む妖怪たちの影絵が、あなたをお出迎えします。

f:id:tabicafe:20200703182906p:plain

 

水木マンガの世界 ブロンズ像51体(1~51)
水木しげる先生は多くの人気者を生み出しました。彼らは、私たちにとって友達のような存在であり、訪れる者を温かく迎えてくれます。

f:id:tabicafe:20200703183613j:plain
f:id:tabicafe:20200703183621j:plain
f:id:tabicafe:20200703183631j:plain
f:id:tabicafe:20200703183641j:plain
f:id:tabicafe:20200703183650j:plain
f:id:tabicafe:20200703183701j:plain

 

森にすむ妖怪たち ブロンズ像7体(52~58)

f:id:tabicafe:20200703184124j:plain
f:id:tabicafe:20200703184142j:plain
f:id:tabicafe:20200703184156j:plain
f:id:tabicafe:20200703184210j:plain
f:id:tabicafe:20200703184219j:plain
f:id:tabicafe:20200703184240j:plain

 

神仏・吉凶を司る妖怪たち 20体(59~78)

f:id:tabicafe:20200703184602j:plain
f:id:tabicafe:20200703184620j:plain
f:id:tabicafe:20200703184630j:plain
f:id:tabicafe:20200703184643j:plain
f:id:tabicafe:20200703184653j:plain
f:id:tabicafe:20200703184706j:plain

 

身近な所にひそむ妖怪たち 70体(79~148)

f:id:tabicafe:20200703185436j:plain
f:id:tabicafe:20200703185446j:plain
f:id:tabicafe:20200703185455j:plain
f:id:tabicafe:20200703185505j:plain
f:id:tabicafe:20200703185515j:plain
f:id:tabicafe:20200703185526j:plain

 

家に住む妖怪たち 29体(149~177)

f:id:tabicafe:20200703185922j:plain
f:id:tabicafe:20200703185932j:plain
f:id:tabicafe:20200703185940j:plain
f:id:tabicafe:20200703185948j:plain
f:id:tabicafe:20200703185957j:plain
f:id:tabicafe:20200703190005j:plain

 

こんな177体の妖怪が通りに溢れてるんです
そして妖怪たちが活発に動き出す夜がやってくるんです

新たに水木しげるロード全線に、妖怪たちの影絵の照明が投射されたり 妖怪ブロンズ像のライトアップが施され、妖怪たちの気配を感じることができます。
昼間とは違った魅力も満載で、ロードに潜む妖怪たちの影絵があなたをお出迎えします。 夜の妖怪探索をお楽しみください。
※点灯時間:毎晩日没から午後10時まで

f:id:tabicafe:20200703212007j:plain
f:id:tabicafe:20200703212023j:plain
f:id:tabicafe:20200703212310j:plain
f:id:tabicafe:20200703212618j:plain
f:id:tabicafe:20200703212627j:plain
f:id:tabicafe:20200703212636j:plain

 

水木しげる記念館

日本を代表する漫画家で妖怪研究家 境港市出身の水木しげる先生とその作品の数々。平成15年(2003年)、老若男女問わず愛され続けている水木ワールドの集大成として「水木しげるロード」に造られたのが、水木しげる記念館です。

館内には、 迫力満点の妖怪オブジェやジオラマ、映像が溢れ、水木ワールドの魅力を満喫できるようになっています。

f:id:tabicafe:20200703214917p:plain

 

妖怪洞窟
水木漫画に登場するたくさんの妖怪たちが棲んでいる洞窟です。あなたはいくつの妖怪を知っていますか?

f:id:tabicafe:20200703215002j:plain

 

妖怪広場
日本全国に伝わる妖怪を各都道府県で紹介した「全国妖怪大地図」。海や山、川、里、そして家屋にも、日本にはこんなにたくさんの妖怪がいる。
日本各地に伝わる代表的な妖怪を全都道府県からひとつずつ集めました。
あなたの住んでいるところには、はたしてどんな妖怪が棲んでいるのでしょうか?
探してみてください。

f:id:tabicafe:20200703215050j:plain

 

企画展示『アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」展』
2018年には「ゲゲゲの鬼太郎」はアニメ化50周年を迎えた。
白黒放映された1968年の第1期から、2018年最新作(第6期)までをパネルとモニター映像で紹介しています。モニターでは各シリーズのアニメとともにオープニングとエンディングのテーマ曲が流れます。時代を映し出すアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の変遷。あなたが観ていた鬼太郎はどれですか?

f:id:tabicafe:20200703215142p:plain

 

人生絵巻の回廊
水木しげるの波乱万丈人生をテーマにした漫画回想録「人生絵巻」を展示。
長さ10mにおよぶ絵巻作品です。

f:id:tabicafe:20200703215229j:plain

 

水木しげる記念館 利用案内

所在地:鳥取県境港市本町5番地
入館料:700円
駐車場:無し(近隣駐車場1時間200円 1日最大600円)

 

管理人の独り言

管理人は子供の頃、リアルタイムで『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などの代表作を見ていました。

日本のお化けってどういうものかを理解することが出来たので、凄くありがたかった。(お化けを水木しげるの漫画で理解できてよかった…笑)

でも漫画は知ってたけど「水木しげる」は??…知ったのは、朝ドラ「ゲゲゲの女房」でした。…で、…ますます『ゲゲゲの鬼太郎』が好きになりました。

 

水木しげる
大阪府大阪市住吉区出生、鳥取県境港市入船町育ち。ペンネームは、紙芝居作家時代に兵庫県神戸市の水木通り沿いで経営していたアパート「水木荘」から名付けた。1958年に漫画家としてデビュー。代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などを発表し、妖怪漫画の第一人者となる。(Wikipediaより)

  

参考サイト:「水木しげる記念館

 

9/2日 追記情報
「ここは、水木しげるロードです☺!わりと普通に歩いてます(笑)」…なんかねずみ男が普通に歩いてるらしいです。

f:id:tabicafe:20200903015721j:plain

送ってもらった「ねずみ男」の写真

 

 

当ブログお奨め記事

www.tabi.cafe