旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

兼六園

f:id:tabicafe:20200628120843p:plain

文化財指定庭園 特別名勝 兼六園

石川県金沢市兼六園(けんろくえん)知らない方はいません。岡山の後楽園、水戸の偕楽園と並んで日本三名園の一つです。

2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれました。四季それぞれに見せ場があり、季節ごとにさまざまな表情を見せますが、特に雪に備えて行われる雪吊は、冬の風物詩となっています。

石川県内随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれています。

 

季節で楽しむ兼六園

加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園、兼六園

何度訪れても違った顔を見せてくれる。四季を通じて楽しめる。どの季節に訪れても感動を与えてくれるのが兼六園です。

そんな兼六園を語ります。

赤丸:梅林」「黄丸:徽軫灯籠」「緑丸:唐崎松」

f:id:tabicafe:20200628114128g:plain

 

徽軫灯籠(ことじとうろう)
兼六園のシンボルとしてよく知られ、観光写真でも度々登場する2本脚の灯籠。水面を照らすための雪見灯籠が変化したものです。形が楽器の琴の糸を支え、音を調整する琴柱(ことじ)に似ているため、その名が付いたと言われています。

f:id:tabicafe:20200628114815j:plain
f:id:tabicafe:20200628115034j:plain

灯篭の脚は、長さが異なりまして、1863年文久3年)の「兼六園絵巻」には、現在とは別の場所に両脚が同じ長さで立っている姿が見えることから、明治維新前後に何らかの理由により、片足が短い形で現在の場所に移されたと考えられます。

現在の灯篭は昭和53年に設置された2代目。現在の2代目の灯篭を含め、昭和37年から54年までの間に池の中に6度倒され、破損されたため、初代灯篭は公園事務所に保管されています。(まことにけしからんね…!!)

手前に架かる虹橋と傍らのモミジの古木との三位一体となった風景はとても絵になり、多くの観光客がここで記念撮影を行っています。

f:id:tabicafe:20200628115749j:plain
f:id:tabicafe:20200628075554j:plain

 

兼六園 4月 春
冬の静かな美しさから木々が芽吹きはじめる春。4月の兼六園はなんといっても桜が見頃です。

兼六園の桜は約40種類、400本を超える木々があり、「この桜はどんな桜かな」・・・と調べながら散策されるのも良いと思います。また、品種によって開花時期も違ってくるため、兼六園では比較的長い期間桜を楽しむことができます。

中でも注目が菊桜。この桜目当てに兼六園にいらっしゃる方も多いくらいです。

そのほか、熊谷桜、旭桜、福桜などの銘木や、その美しさから楊貴妃と名付けられた桜も必見です。
ソメイヨシノは開花後に早く散ってしまうものですが、散り始めに曲水や瓢池などに浮かぶ花びらの美しさも見逃せません。

f:id:tabicafe:20200628120634j:plain
f:id:tabicafe:20200628120642j:plain

 

兼六園 5月 新緑
この季節のオススメポイントは花見橋。橋の上から曲水に続くカキツバタツツジ、サツキが見事に調和した様子は大変綺麗です。

新緑の季節に咲き誇る花と小鳥たち。この季節はいろいろなモチーフをカメラに納める方が多いと思います。新緑の5月の兼六園を御堪能下さい。

f:id:tabicafe:20200628121349p:plain
f:id:tabicafe:20200628121358p:plain

 

兼六園 6月 梅雨
艶やかな苔を眺めながら雨を楽しむ。6月の兼六園は梅雨の時期。雨の兼六園もまたステキな表情を見せてくれます。この頃になりますと足元にある苔が青々として艶も出てきて、まるで雨を喜ぶようにイキイキとして見えます。

梅雨の時期は是非、山崎山に足を向けてみましょう。紅葉で人気のスポットでもありますが、新緑のシーズンもまた必見です。全てが緑色一色となるなか、緑色の濃淡のコントラストがすばらしく、時が経つのを忘れてしまいそうです。人通りも少ないので、山頂の御亭でゆっくりするのも良いと思います。

f:id:tabicafe:20200628121954p:plain
f:id:tabicafe:20200628122004p:plain

 

兼六園 7月 初夏
足元の小さな変化もお見逃しなく。7月中旬頃には梅雨もあけ、だんだん夏にさしかかっていく時期でもあります。この時期は雨の恵みを受けて、園内にキノコを見かけることが多くなってきます。「兼六園でキノコ?」…と言う方も多いのかもしれませんが、なんと249種ものキノコが兼六園では見つかっているそうです。キノコは初夏から秋にかけて様々な種類が確認されており、兼六園内でキノコ探しの散策もまた面白いと思います。

霞ヶ池にはアオサギがじっとしていることも多いです。また、山崎山から鶺鴒島(せきれいじま)、曲水のあたりでカワセミの目撃情報も。野鳥好きの方は要チェック。野鳥を観察されたい方は早朝に兼六園を散策されるのも良いと思います。兼六園では、早朝無料入園のサービスを行っています。早起きが得意な方はぜひご利用ください。

f:id:tabicafe:20200628122638p:plain
f:id:tabicafe:20200628122647p:plain

 

兼六園 8月 夏
暑い夏は兼六園の見所も涼を求めて、涼しげに散策するのがオススメです。
兼六園内を流れる曲水は、辰巳用水を引き込んでいることは有名ですが、山崎山の洞窟から水量調整されて流れ出ていることは余り知られていないかもしれません。
兼六園の園内を流れる水の源を是非ご覧いただければと思います。この辺は人も少なく、水の音をゆったりと楽しむことができるとおもいます。

芭蕉が見た風景を辿る。松尾芭蕉奥の細道兼六園に来たことはご存じでしょうか。
旧暦の7月24日まで滞在したという事ですので、現代では8月の終わり頃。園内には芭蕉の句碑がありますので、こちらも是非ご覧下さい。
 「あかあかと 日は難面も 秋の風」
8月の終わりに兼六園で、もしふわっとした秋風を感じることが出来たら、芭蕉と同じ体験をできたのかもしれませんよ。

f:id:tabicafe:20200628123330p:plain
f:id:tabicafe:20200628123340p:plain

 

兼六園 9月 初秋
季節の移り変わりをより深く楽しむには散策だけではなく、ゆったり落ち着いて腰をおろしてその風情を楽しむことも大切です。
霞が池に浮かんでいるように見える内橋亭で水辺の雰囲気とお抹茶を楽しんだり、時雨亭でお庭を眺めながらの休憩も、なんだかこの季節はいつもよりゆったり感じられるかもしれません。

そして、9月といえば中秋の名月です。
兼六園でも名月を楽しむ為につくられた月見橋があります。
月見橋のそばには月見灯籠があり、江戸時代からこの場所で、お庭と共に美しい月を楽しんでいたと思うと、何ともいえない気分になります。
通常、兼六園はライトアップ以外の夜間の開園は行っていませんが、中秋の名月にあわせて特別開園を行っています。

f:id:tabicafe:20200628123835p:plain
f:id:tabicafe:20200628123844j:plain

 

兼六園 10月 秋
秋に花咲く十月桜。10月に兼六園では桜が咲くのはご存じでしょうか。
春のものと思ってしまう桜ですが、兼六園には十月桜と呼ばれる桜がこの時期から春まで桜の花を咲かせています。いっけんミスマッチな感じもしますが、そこはさすがの兼六園。何の違和感もなく美しさが共存する十月桜もお楽しみ下さい。

また、園内にはこの時期、秋の七草も盛りだくさん確認できることでしょう。 萩、すすき、桔梗、撫子、葛、藤袴、女郎花(おみなえし) 万葉集にも詠まれる秋の七草兼六園で探しながら散策するのもステキです。

10月から11月にかけて、兼六園は紅葉がどんどん進んでいきます。雪吊りのない純粋に紅葉を楽しむことができるライトアップは必見です。 

f:id:tabicafe:20200628124822p:plain
f:id:tabicafe:20200628124832p:plain

 

兼六園 11月 晩秋
雄大な唐崎松の雪吊り。11月には冬の代名詞、雪吊りの作業が行われます。例年11月に入ると共にその作業がはじまり、12月の中頃まで、園内で雪吊りを行っている作業を見ることが出来ます。

雪吊りは、一番最初に唐崎松から順番に作業を行い、春になって雪吊りを外すのは、順番に作業を進め、最後に唐崎松を外します。
冬を迎え、春を迎える季節の節目に、唐崎松は大役を担っているのです。

f:id:tabicafe:20200628125424p:plain
f:id:tabicafe:20200628125432p:plain

 

兼六園 12月 初冬
本格的な冬の到来。12月になると金沢市内では繁華街などがイルミネーションで彩られるようになります。寒くなって、いよいよ北陸の冬も本格化してくる時期です。

加賀藩前田家のご先祖様でもある菅原道真公が祀られているのが兼六園の側にある金沢神社です。12月は比較的に静かに参拝ができます。

年末年始には兼六園が無料開放されるのはご存じでしょうか。12/31〜1/3は無料で入園でき、大晦日と元旦は夜間も開園しています。夜の兼六園を通っての金澤神社への初詣もまたステキな思い出になるでしょう。

f:id:tabicafe:20200628130104p:plain
f:id:tabicafe:20200628130113p:plain

 

兼六園 1月 冬
日本最大の雪吊り。雪を楽しむことも兼六園の魅力。最近は雪が少ないと感じる金沢の冬ですが、それでも雪の日は格別です。一番の見所は唐崎松。雪があってもなくても雪つりの姿はとてもすばらしく、冬の兼六園の定番とも言えるでしょう。

他の季節にはない清浄な雰囲気。冬の季節は空気も綺麗で、天気が良い日は遠くまで景色が見渡せ、別世界の雰囲気を感じることが出来ます。
オススメは栄螺山の山頂。霞が池の奥には金沢の町並みがみえ、さらに奧には卯辰山の雪化粧が見え、この季節だけの美しさを楽しむことができます。また雪の似合うロケーションとしては桂坂口の眺めもオススメです。

石川門、五十間長屋など、普段から白い色が美しい石川門や金沢城をさらに白く包み込む雪景色は格別の眺めです。

f:id:tabicafe:20200628130708p:plain
f:id:tabicafe:20200628130717p:plain

 

兼六園 2月 冬
水墨画のような世界。もし、来園される日の気温がぐっと低くなることが予想されていましたら、黄門橋周辺から霞ヶ池をご覧下さい。台石の端から斜めに架けられた造形の美しさにあわせ、薄く氷の張った景色があります。気温が下がった時だけの特別なロケーションです。霞ヶ池はことじ灯籠からみることが有名ではありますが、反対側にまわる景色もみのがせません。雪に閉ざされた白さと、薄氷の風情は水墨画の美しさにも例えられています。

綺麗な水場にしか生息しないといわれているカワセミも運が良ければ出会うことがあるかもしれません。山崎山から鶺鴒島にかけて流れる曲水周辺で、まれにいる事があります。是非注意して見てくださいね。

f:id:tabicafe:20200628131136p:plain
f:id:tabicafe:20200628131145p:plain

 

兼六園 3月 早春
春の訪れを知らせる梅。雪が溶け、緑が芽吹き出す3月の兼六園、見所はやはり梅の花。梅林を是非ご覧下さい。

様々な梅の木が咲き誇るのは3月中旬からです。この梅林は、昭和44年に明治百年記念事業として約3000平方メートルともいわれる広大な場所に全国から約20種200本にも及ぶ名梅の苗木を兼六園観光協会が中心となって寄贈し、造営されたものでもあります。
これだけ沢山の種類の梅を見ることが出来る場所も少なく、この季節は外せないポイント。

f:id:tabicafe:20200628131600p:plain
f:id:tabicafe:20200628131611p:plain

参考サイト:「兼六園めぐり | 兼六園観光協会

兼六園 利用案内

入園料:320円

無料開園
・12月31日から1月3日までの年末年始。(大晦日から元旦にかけては夜間も開放)
・お花見シーズンの1週間。(開花の時期によって毎年異なる)
・金沢百万石まつりの3日間。
・8月14日から16日までのお盆の期間。
・11月3日の文化の日
・定期的に行われている、「金沢城兼六園ライトアップ」は入場無料です。

駐車場情報
石川県営兼六駐車場(1時間350円兼六園まで徒歩3分。兼六園にもっとも近い大型駐車場で好立地な場所にあります。ただし最大料金の設定はないので、金沢城なども一緒に観光するとやや割高となることがあります。

少し離れますが周辺には、最大料金設定のコインパーキングが多数あります。
平日最大:700円
土日祝日:1000円
時間に余裕があり、1日駐車料金を気にせず楽しみたい方は、事前にコインパーキングを確認してからお出かけいただくことをお奨めいたします。

 

f:id:tabicafe:20200628064300p:plain

f:id:tabicafe:20200628064635p:plain

1蓮池門旧址、2夕顔亭、3伯牙断琴の手水鉢、4噴水、5黄門橋、6翠滝、7海石塔、8瓢池、9眺望台、10徽軫灯籠、11虎石、12唐崎松、13霞ヶ池、14親不知、15内橋亭、16栄螺山、17時雨亭、18雁行橋、19七福神山、20梅林、21兼六園菊桜、22根上松、23明治紀念之標、24花見橋、25鶺鴒島、26山崎山、27辰巳用水、28金城霊沢

 

管理人の独り言

兼六園は、素晴らしいです。

兼六園楽しかった…じゃ帰りましょ」 …これじゃダメ!

兼六園は、金沢市の中心部に位置し、周辺というか隣接している施設に、「成巽閣」、「石川県立美術館」、「金沢21世紀美術館」、「石川県政記念しいのき迎賓館」、「金沢城公園」などがあります。

…周辺の施設も楽しまなきゃダメなんです!
…一日時間を作って来なきゃダメなんです!!

この後、金沢21世紀美術館の記事を書く予定ですけど…周辺施設は、記事が1本書けるほどの観光地…是非、セットで楽しんでもらいたいと思います。

 

入場料(特別展示部分は有料)

成巽閣:700円
石川県立美術館:370円
金沢21世紀美術館:無料
石川県政記念しいのき迎賓館:無料
金沢城公園:無料

 

 

当ブログお奨め記事

www.tabi.cafe