旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

太宰府天満宮

f:id:tabicafe:20200805132354j:plain

御本殿側と太鼓橋側で形状の異なる珍しい楼門です。現在の門は大正3年(1914)に再建されたものです。

学問の神様を祀る太宰府天満宮

太宰府天満宮は、京都の北野天満宮と並び、全国の約12,000社ある天神さまをお祀りする神社の総本宮と称えられ、学問の神様として有名な菅原道真が祀られています。

境内には、黒田官兵衛が晩年を過ごした「如水社」や、幕末に商人から寄付された「麒麟像」など、歴史を感じられるポイントが多数。

現在の本殿は天正19(1591)年に小早川隆景が寄進した「五間社流造」で、国の重要文化財です。

なぜ菅原道真なの?

通説…
菅原道真の功績は、遣唐使を廃止した事…

廃止理由
1.唐で内乱が続きている
2.航路に危険が伴う
3.新羅との関係悪化
4.経費が掛かりすぎる
5.唐の船が来るようになった

そして無実の罪で太宰府に左遷させられて失意のうちに病で命を失いました。その後、都で疫病が流行り、貴族、皇居内にまで広がり「これは菅原道真の祟りだ!」という事で天満宮として祀られるようになった
…という話が知られています。

事情は、もう少し複雑なようです…
菅原道真の実績

当時は、遣唐使が派遣されていた時代です。
遣唐使の成功率(帰還率)25%…4隻の船団で唐に向かって戻って来れるのは1隻のみという状態でした。

f:id:tabicafe:20200805131558j:plain

遣唐使

でも、遣唐使って…
日本のものを中国に持ち込んで20倍
そのお金で中国のものを仕入れて日本に持ち帰ると更に20倍
…無茶苦茶儲かるんです。(だから帰還率25%でもゼンゼンOK!

この貿易を仕切っていたのが時の最高権力者、藤原氏だったんです。…でもどんな時代でも、こんな事は普通にあります。

しかし、その陰で非常に大きな問題が発生していまして、遣唐使とともに中国人が日本に入ってくるようになったんです。

ようは、治安が悪化したわけです。それも日本人の常識では考えられないような、強盗、追剥、強姦など凄惨な殺し方の犯罪が多発しまして、庶民は震えあがってしまいました。

こうした庶民の多くの声、訴えを聞いて立ち上がったのが 菅原道真 だったんです。道真は 遣唐使廃止” を訴えました。

これって凄いこと…
つまり、時の最高権力者の最大利権を手放させるって事ですから、簡単じゃないんです。考えてみてください…今、中国との国交を断絶できる政治家がいますか…いくら中国が尖閣で無茶苦茶しようとも…出来ない…日本じゃ無理!トランプ大統領ならやれるかも…実際やってるし…笑)

菅原道真がとった作戦は…
「神の御心です」
「神の声です」
「神々のご遺志です」
…自分はタダ代弁しているだけという立場をとって戦いました。

神というのは、民衆です。
天の声…圧倒的な民衆の支持を受けて道真は、不可能と思われた遣唐使廃止を実現させたんです。

民衆は拍手喝采!…大喜び!!
でも、利権を奪われた時の権力者、藤原氏は、面白くない…。
道真に無実の罪を背負わせて太宰府に左遷してしまうという流れになるんです。

f:id:tabicafe:20200805144232p:plain

菅原道真

菅原道真は、なぜ神になったか!

当時、祟りというのは信じられていました。
道真は、幼少期より学問の才能を発揮され、努力を重ねられることで、一流の学者・政治家・文人としてご活躍していまして学問の神様になる要素は持っていた。

でも12,000社もある神様に祭り上げられる理由としては、弱いかなと思います。
一番大きな理由は、やはり、民衆のために戦った事が大きいのじゃないかと考えるのが自然でしょう。…大多数の民衆が菅原道真を慕っていたんです。

民衆が天満様…天に満ちる神様という、ありがたい名前を付けたんです。

f:id:tabicafe:20200805151109j:plain

太宰府天満宮 御本殿

太宰府天満宮 門前町

”学問の神様って言われてもね” …っていう皆さんの心の声がまた聞こえてきました。大丈夫、管理人も同じです。

大宰府天満宮は、参拝だけが楽しみじゃありません。
太宰府駅からの参道が楽しいんです。

西鉄太宰府線の終点が太宰府駅
駅を下りて駅を背にして右手はすぐに参道、駅直結です。

太宰府天満宮に来るとスターバックスコーヒーもこんな感じ…

f:id:tabicafe:20200805171219j:plain

スターバックスコーヒー 太宰府天満宮表参道店

太宰府駅から、太宰府天満宮入口鳥居までの東西450mに伸びる石畳の小路には、約80店舗の土産屋が立ち並ぶ賑やかな門前町となっています。

f:id:tabicafe:20200805171801j:plain
f:id:tabicafe:20200805171814j:plain

太宰府天満宮に来て必ず食べなきゃいけないのが梅が枝餅(1個130円)。
これはお約束、定番お土産です。

f:id:tabicafe:20200805172503j:plain

梅が枝餅

太宰府天満宮 境内

太宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊おみたまを永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠しせい・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約1000万人の参拝者が訪れています。

赤丸:御神牛」「青丸:心字池・太鼓橋」「赤枠:如水の井戸」「青枠九州国立博物館アクセストンネル」「黄丸:楼門」「ピンク丸飛梅」「ピンク枠:本殿」「黄枠:夫婦樟」「赤枠:大樟」

f:id:tabicafe:20200805182820p:plain

太宰府天満宮 御神牛

道真公が承和12年(845)乙丑年のお生まれであることや、御本殿創建の聖地が牛とのご縁により定められたことなどに由来し、境内には銅牛・石牛などの像が数多く奉納されています。「御神牛」の頭を撫でると知恵が授かるという信仰があります。

f:id:tabicafe:20200805192256j:plain

 

太鼓橋・心字池(しんじいけ)

池が漢字の「心」の字に形作られていることから「心字池」と呼ばれています。心字池に架かる御神橋は、太鼓橋、平橋、太鼓橋の三橋からなり、それぞれ過去・現在・未来を表わしています。

この橋を渡り、水の上を歩くことで心身ともに清められて神前にお進みいただけます。

f:id:tabicafe:20200805192517j:plain

 

太宰府天満宮 如水の井戸

初代福岡藩主、黒田長政の父、黒田如水こと黒田官兵衛が草庵で隠棲された折に実際に使用されたという井戸。

f:id:tabicafe:20200805192638j:plain

 

太宰府天満宮 九州国立博物館アクセストンネル

太宰府天満宮九州国立博物館を結ぶアクセストンネルです。エスカレーターとトンネル(動く歩道)が繋がっており、徒歩5分で行き来することが出来る便利なアクセス道です。

入館料:700円

f:id:tabicafe:20200805192743j:plain

 

太宰府天満宮 楼門

御本殿側と太鼓橋側で形状の異なる珍しい楼門です。現在の門は大正3年(1914)に再建されたものです。

f:id:tabicafe:20200805192928j:plain

 

太宰府天満宮 飛梅

「東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」道真公を慕って、都から一夜にして飛んできたと伝えられる由縁の御神木。品種は「色玉垣」(極早の八重咲き)で毎年境内にて一番に咲き始めます。

梅は、この他に約200種、6000本が境内にあり、毎年色鮮やかに咲き誇り、天神の杜は心地よい香りに包まれます。

f:id:tabicafe:20200805193026j:plain

 

太宰府天満宮 御本殿

道真公の御墓所に延喜5年(905)8月19日、門弟の味酒安行が祀廟を建て、同19年(919)、左大臣 藤原仲平醍醐天皇の勅命を受けて御社殿を造営しました。

その後、兵火などにより数度焼失しましたが、筑前国小早川隆景が5年の歳月をかけて造営し、天正19年(1591)に竣工したのが現在の本殿です。

築400年以上経過した現在でも桃山時代の豪壮華麗な様式を見事に伝えています。国の重要文化財に指定されています。

f:id:tabicafe:20200805193117j:plain

 

太宰府天満宮 夫婦樟

二本の大樟が、夫婦の様に寄り添う姿から名づけられました。新緑の季節には仲良く青々とした葉を広げ、生命の蘇りを感じさせます。

f:id:tabicafe:20200805193227j:plain

 

太宰府天満宮 大樟

樟は、この地域を代表する大樹で、大宰府はその自生林の北限に近い所に位置しています。大樟は樹齢1500年を越え、国指定天然記念物として指定されています。この他にも境内には、国指定1本、県指定49本の楠があります。

「くすのき千年 さらに 今年の若葉なり」という荻原井泉水の歌にあるように、生命の蘇りを象徴する新緑のまぶしさは、訪れた人々に新たなる活力を与えてくれます。

f:id:tabicafe:20200805193320j:plain

太宰府天満宮 利用案内

拝観料:無料
駐車場:無し(周辺の相場として1時間500円)
所在地:福岡県太宰府市宰府4-7-1

管理人の独り言

管理人の世代で太宰府天満宮といったら…
さだまさし 飛梅
…でしょう。

f:id:tabicafe:20200805164351j:plain

太宰府天満宮 飛梅

飛梅とは、昔、はかりごとで太宰府に左遷された菅原道真が、出立前、庭の梅に別れを惜しんだ故事に拠ります。

主を慕って、一晩で京都から九州の太宰府まで、梅の木が空中を飛んで行ったという…

平安時代藤原北家が政権の中枢に上り詰めるまで、ライバルを次々追い落としていくのですが、道真もその一人。その死後、都では天変地異が続き、その魂を鎮めるために北野天満宮が整備されます。神社はそれまでは素朴な農耕の神様だったと言われています。

学識経験豊かな道真はやがて学問の神様として、受験生とその家族の信仰を集めています。 

飛梅 作詞さだまさし 作曲さだまさし
心字池にかかる 三つの赤い橋は
一つ目が過去で
二つ目がいま
三つ目の橋で君が転びそうになった時
初めて君の手に触れた 僕の指
手を合わせた後で
君は神籤を引いて
大吉が出るまでと
も一度引き直したね
登りつめたら後は
下るしかないと
下るしかないと気付かなかった
天神様の細道

裏庭を抜けて お石の茶屋へ寄って
君が一つ 僕が半分
梅ヶ枝餅を食べた
来年も二人で
来れるといいのにねと
僕の声に君は答えられなかった
時間という樹の
思い出という落ち葉を
拾い集めるのに 夢中だったね君…

貴方がもしも遠くへ行ってしまったら
私も一夜で飛んで行くと言った
忘れたのかい
飛梅

あの日と同じに今鳩が舞う
東風吹けば東風吹かば君は
どこかで思い起こしてくれるだろうか
大宰府は春
いずれにしても春

f:id:tabicafe:20200805164430j:plain

太宰府天満宮 飛梅



 

当ブログお奨め記事

www.tabi.cafe