旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

月の名所 土佐、高知の桂浜

f:id:tabicafe:20200802060747j:plain

坂本龍馬象が見守る地
土佐、高知の桂浜

月の名所として名高い桂浜は、龍頭岬と龍王岬の間に弓状に広がる砂浜です。
裏山には浦戸城趾があり、戦国の昔、長宗我部元親の居城として四国統一の中心となったところです。

桂浜公園には、桂浜水族館、など見どころもたくさんあります。
でも、何といっても坂本龍馬です。
坂本龍馬の像を見なければいけません。
桂浜の龍頭岬には坂本龍馬像があり、全国の龍馬ファンが訪れます。
また、山頂には坂本龍馬記念館があります。

f:id:tabicafe:20200802061020j:plain

桂浜に建つ坂本龍馬

高知市桂浜にある坂本龍馬銅像は、1928年5月に高知県の青年の有志が募金を募り建立されました。高さ5.3メートル、台座を含めた総高は13.5メートルの和服にブーツ姿で、懐手を携えて、太平洋の彼方を見つめる坂本龍馬カッコいい!!

日本人の龍馬感

”司馬史感” という言葉があります。歴史小説家の司馬遼太郎が作った歴史感という意味で使われているようです。

管理人が考えるには…
坂本龍馬
乃木希典
…などは、その最たるものだと思っています。

司馬遼太郎日露戦争をあつかった小説「坂の上の雲」で乃木希典は、散々こき下ろされています。

乃木は、日清戦争で旅順要塞攻略を任された日本陸軍第3軍司令官です。司馬遼太郎は小説の中で乃木を頭の固い愚将と描いて、乃木の無能さで第3軍は多大な死傷者を出し、最後は、総参謀長の児玉源太郎が乗込んできて、乃木の指揮権を預かる形で作戦を指揮し、攻撃目標を二百三高地に大転換させ攻略する物語が「坂の上の雲」でした。

近年研究が進んで…
乃木は適切な手を打っていた
…とされています。

二百三高知を落とせたのも、乃木の打った手が効いていて旅順要塞は落ちるべくして落ちた、という説が多数語られています。

逆に坂本龍馬は、”かっこよく書きすぎ” …ですね。
管理人は、坂本龍馬の実績をかなり、訝しく思っていました。

で、今回、「司馬史観」に触れた理由なんですけど…
坂本龍馬銅像1928年5月に高知県の青年の有志が募金を募り建立」
…という事を初めて知ったからです。

司馬遼太郎坂本龍馬を描いた「翔ぶが如く」は、1972年(昭和47年)1月から1976年(昭和51年)9月にかけ『毎日新聞』朝刊で連載され、たものを文藝春秋で本として出版したものです。

つまり、司馬遼太郎が「翔ぶが如く」を執筆する前の1928年の段階では、坂本龍馬は、すでに地元の英雄だったんです。

この事実を知れてよかったと思った次第です。

実は、管理人、…
坂本龍馬は、司馬遼太郎が小説に書いたことで世に知られた人物」
…程度に思っていたふしがありました。

地元の有志で募金を募って作った立派な坂本龍馬銅像を見て、チョット龍馬に対する考え方が変わってきました。

とはいえ、日本人の知る龍馬感は、「翔ぶが如く」に出てくる司馬遼太郎が描いた坂本龍馬だとおもいますよ…(笑)

f:id:tabicafe:20200802093515j:plain

桂浜 坂本龍馬

桂浜 案内

桂浜は高知県を代表する景勝地の一つです。浦戸湾口、龍頭(りゅうず)岬と龍王岬の間に弓状に広がる海岸で、背後に茂り合う松の緑と、海浜の五色の小砂利、紺碧の海が箱庭のように調和する見事な景勝地です。

赤丸:桂浜公園駐車場」「赤⇒:桂浜お土産センター」「青丸坂本龍馬象」「青⇒坂本龍馬記念館」「黄丸龍王宮」「ピンク丸桂浜水族館

f:id:tabicafe:20200804080242p:plain

桂浜お土産センター

桂浜公園駐車場の真ん前は、桂浜お土産センターになっていまして大小のお土産店が10店舗集まっていまして…これが楽しいんです。

高知県内でお土産をお求めになるならここです。
間違いなく、一番お土産が充実しています。

f:id:tabicafe:20200804081819j:plain

桂浜お土産センター

桂浜 坂本龍馬象 

桂浜に建つ坂本龍馬銅像って1つ難点がありまして、…台座を含めた高さが13.5mと、かなり高いんです。

f:id:tabicafe:20200804082347j:plain

台座が高すぎて近くで坂本龍馬を見れない、写せないんです。
そこで春と秋に約2ヵ月ずつ、「龍馬に大接近」というイベントがあります。工事現場の足場のような感じの階段で、赤い手すりのところまで上がれます。有料(¥100)。

f:id:tabicafe:20200804082645j:plain

この時期を狙って坂本龍馬とツーショットを撮る観光客も多いんです。確かにこういうイベントが必要なほど坂本龍馬象の台座は…高すぎ!…(笑) 

 

桂浜 砂浜

龍馬の銅像を見て桂浜に出ましょう。桂浜は、素晴らしい砂浜が魅力。でも潮流が速いので遊泳禁止なんです。ですから海水浴シーズンの夏でも人のいない人工物の無い素晴らしい景観を望むことが出来ます。

f:id:tabicafe:20200804085748j:plain


龍王

そして龍王岬の突端には、海津見神社(わたつみじんじゃ)があります。通称「竜王宮」「桂浜の竜宮様」で海上安全・海中安全、そして恋愛成就の神様として親しまれています。

御祭神:海津見神
御朱印は書置きも置かれていますが(置かれていない場合もあります)長曾我部元親公初陣祈願の宮「若宮八幡宮」にて御朱印帳に書いていただけます。

f:id:tabicafe:20200804090851j:plain
f:id:tabicafe:20200804091118j:plain

 

坂本龍馬記念館

坂本龍馬に関する貴重な歴史資料をわかりやすく展示するとともに、人柄や業績、考え方についても紹介している「龍馬への入口」とも言える記念館です。桂浜公園内に建ち、「空白のステージ」「屋上展望」からは、太平洋の水平線を一望できます。

入場料:500円

f:id:tabicafe:20200804091542j:plain
f:id:tabicafe:20200804091552j:plain

 

桂浜水族館

龍王岬まで行って竜王宮に参拝したら、チョット内陸側、高台の散策路で戻りましょう。途中、桂浜水族館が見えます。

普通、有料の施設って外から見えないんですけど、桂浜水族館は内部が見えてしまいます。アシカやトドのショーをやっていますよ…(笑)

正規で入るには…入場料:1200円

f:id:tabicafe:20200804092623j:plain

桂浜 利用案内

入場料:無料
駐車場:400円(24時間営業で08:30~18:00の間だけ有料)
所在地:高知県高知市浦戸桂浜

管理人の独り言

皆さん、ローマの休日はご存知ですよね。
まさに不朽の名作です。
オードリー・ヘップバーン…美しかった。
グレゴリー・ペック…カッコいい。
管理人世代に洋画ランキングを作らせたら、上位ランクイン間違いななし!

f:id:tabicafe:20200804102048j:plain
f:id:tabicafe:20200804102057j:plain

実は、高知県、面白いことやってるんです…
リョーマの休日”
…もうどうしてくれましょう高知県…(笑)

f:id:tabicafe:20200804103832j:plain
f:id:tabicafe:20200804103821j:plain

リョーマの休日」ののぼり。いろんな場所にありますよー。ここは桂浜Pから龍馬像に向かう階段。最初に見たときは、クスッと笑っちゃいました。

リョーマの休日』というのは、故大橋巨泉さんの提案がヒントになったと聞いていますが、高知県の観光キャンペーンのキャッチコピーとして、ここ数年使用されています。

最後に…
日本で一番多く建てられている銅像は誰でしょう(二宮金次郎は別格、除いてください…笑)

 

正解:坂本龍馬

※因みに2位は、松尾芭蕉です…。

 

 

 

当ブログお奨め記事

www.tabi.cafe