旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

サントリー山崎蒸留所(番外編)

f:id:tabicafe:20200819165259j:plain

suntory サントリー国内ウィスキーブランド

サントリー山崎

今やサントリーウィスキーの代名詞となった感のある ”山崎” …高級酒の代名詞にも上げられるブランド ”山崎” です。

f:id:tabicafe:20200819144640j:plain

suntory サントリー 山崎12年

山崎はシングルモルト
シングルモルトとは、同一蒸留所のモルト原酒100%のウィスキーをいいます。(※モルトは大麦から作られる)

世界のウィスキーの95%はブレンデットウィスキーといわれる ”グレーンウィスキー原酒” (小麦、トウモロコシなどの穀物が原料)を混ぜたものです。

シングルモルトは全体の5%ほど…

何故かというと…
1.価格が高くなってしまう(モルト原酒が高い)
2.味のバリエーションが制限される(モルトだけでブレンドしなけれなならない)
…とうい理由です。

ですからモルトウィスキーがブレンデットウィスキーより優れているという事では決してないんですが、価格はどうしても高くなってします。

…と、面白くも無い、基礎的知識を述べました。

サントリー・山崎55年

ついに出た!…って感じです。
もう、決定版です。
これ以上はありません。

何故かというと…
ウィスキーというのは樽で熟成されるんですが、年に2~3%ほど蒸発するんです。(エンジェルシェア)
つまり、55年が限界…もう樽の底に溜まっている原酒をブレンドして作ったウィスキーなんです。

サントリー山崎55年
ネット限定販売 100本!
価格330万円(1ショット30mlに換算すると14万円)

無理、買えない…。
でも大丈夫…心配する必要はありません。
即日完売でもう残っていません。(抽選で何十倍だそうです…)

じつは、サントリー山崎50年が数年前に100万円で発売されています。(確か300本限定で売出されて即日完売だったという記憶があります)
ここまで来ると飲むというより、投資です。

実際にサザビーズのオークションで、サントリーの山崎50年がなんと3,250万円で落札されています。

まあ…330万円が数年後に何十倍にもなれば、即日完売もわかります。

サントリー

現在の国内最高のブレンデットウィスキーが ”響” です。
響は、サントリー創業90周年を記念して作られたウィスキー。
響は、ブラームス交響曲第一番 第4楽章をイメージして作られたと言われています。
シングルモルトみたいに縛りが無い。山崎、白州、知多の3工場の原酒30種類を掛け合わせ、ブレンダーが思うような味が出せた最高のウィスキーに仕上がっています。

f:id:tabicafe:20200819154014j:plain

suntory サントリー響12年

因みに響シリーズ最高峰の ”響30年” は市場価格50万円…

実際、響30年、普通の人には買えません。
市場に出回っていません。

でも、この50万円の響、1本買うのはむりですけど、皆さんでも飲める方法があるんです。(しかも2900円で…)

山崎ウィスキー館

サントリー山崎蒸留所の敷地内にある ”山崎ウィスキー館”響30年を飲む事ができます。

山崎ウィスキー館のテイスティングカウンターサントリーで作っているウィスキーとサントリーが海外で買収した醸造所のウィスキーを全て飲むことが出来ます。

f:id:tabicafe:20200819155510j:plain
f:id:tabicafe:20200819155519j:plain

山崎ウィスキー館は、予約が必要ですが入場は無料サントリーの創業からの歴史、ウィスキーの製造方法などを学ぶことが出来る、とっても素晴らしい施設なんです。

でも、今回のお話しは、テイスティングカウンター…。

ルールは、全てストレート(15ml)でのご提供。
15mlっていうとバーで飲むストレート1ショットが30mlですから、半分の量だと思ってください。

テイスティングカウンター価格表
山崎25年 2900円
山崎18年 600円
山崎12年 200円

白州25年 2900円
白州18年 600円
白州12年 200円

響 30年 2900円
響 21年 600円
響 12年 200円

ローヤル 100円
リザーブ 100円
オールド 100円
角瓶 100円
トリス 100円
知多 100円

山崎・白州・響の工場限定版 100円~500円

因みに…
山崎25年 市場価格80万円
山崎18年 市場価格8万円
山崎12年 市場価格4万円

白州25年 市場価格50万円
白州18年 市場価格6万円
白州12年 市場価格4万円

響30年 市場価格50万円
響21年 市場価格5万円
響17年 市場価格4万円

でもテイスティングカウンターでは、市場価格ではなく、定価の価格で提供していますので…かなりお得!

山崎ウィスキー館 お土産コーナー

ここがまた凄いんです。
現在では既に山崎ノンエイジ(年数表示のない品)も手に入らなくなっていますが、ここ山崎ウィスキー館では、定価で手に入れる事ができる…

…かもしれない。

毎日、5.6本店頭に並ぶらしいです。

それと、ごくたまに山崎12年が出る事もあるんです…ここは山崎12年を見たら即買いです。(定価の8500円で出ているはず…購入した段階ですでに現在、市場価格40000万円ですから数万の利益です…笑)

管理人の独り言

実はですね、管理人は山崎12年持ってるんです。

f:id:tabicafe:20200819163434j:plain

サントリー山崎12年 1本と飲みかけ

2本あったんですけど1本は開けてしまってあと6センチぐらい残っていますかね。(大事に飲んでますよ…笑)

実は、この山崎12年、旧ラベルなんです。
管理人が持っている山崎12年は…
ピュアモルト

現在販売されている山崎12年は…
シングルモルト
…なんです。

山崎12年は、1984年に発売されていまして2004年まではピュアモルトだったんですが、以降はシングルモルトになったんです。

旧ラベルは、750ml
に対して
現行ラベルは、700ml
…なんです。

つまり、同じ山崎12年でも、かなりの違いがあるものなんです。
とりあえず旧ラベルを1本開けたんで…新ラベルの現行品と飲み比べがしたい!

新ラベル手に入れたいな…

で…この山崎12年旧ラベル…どのくらい価値があるんだろう…(笑)

 

 

 

当ブログお奨め記事

www.tabi.cafe