旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

工場見学 鎌倉ハム

 

f:id:tabicafe:20200418174407j:plain
工場見学 鎌倉ハム

今回は美味しい話し…鎌倉ハムについて、調べててみました。
鎌倉ハムというのは、会社名ではありません鎌倉ハムを作っている会社は、何社もあります。…鎌倉ハムの主な製造業者は、7社ありまして…その中の1社が、今回案内する富岡商会です。

それでは鎌倉ハム、誕生の歴史です…1874年(明治7年)イギリス人技師、ウィリアム・カーティスが、神奈川県、鎌倉郡で畜産業を始め、横浜で外国人相手に1876年(明治10年)観光ホテル「白馬亭」を開業…敷地内でハム・ソーセージ、牛乳、バター、ケチャップなどの製造を行い、主に横浜居留地の外国人向けに販売していました。…この時点でカーティスは、一切の製法を、秘密にしており日本人が工場へ立ち入ることを、許さなかったそうです。

1884年明治17年)に起こった地震の際に工場が出火し、これを近隣住民が消火作業にあたりました…その恩義に応えるべくカーティスは、益田直蔵らに製法を伝授…。またカーティスの妻、かねが奉公人時代に世話になっていた地元の名家・齋藤家の当主、齋藤満平にも製法を伝授しました。

今回説明する富岡商会にも、カーティスの製法が伝わっております。
明治33年創業の富岡商会も伝統製法である、手造りにこだわっているため、あまり市場に出回ることのない本物の鎌倉ハムを造り続けています。

富岡商会では、工場見学もできまして、ハム、ソーセージ、ベーコンの試食もあります…鎌倉ハム、ご賞味ください。

 

 

工場見学(歴史資料館、製造風景)
鎌倉ハム富岡商会の百年を超える歴史と、製造の一部を窓越しにご覧いただけます。

f:id:tabicafe:20200418173100j:plain

 

鎌倉工場店
鎌倉ハム富岡商会のこだわりの美味しさをお土産としてご購入いただけます。販売商品は、看板商品である「伝統の布巻きロースハム」 、「熟成ロースハム」の他、直営店ならではの商品の販売も予定しています。

f:id:tabicafe:20200418174225j:plain

 

 

管理人から一言…
”ようはハムでしょ” …って声が聞こえてきました…そうですハムです…でも…食べてみなさい…味わいが全然違います。
マジ美味しい…嘘つきません…工場見学に予約入りません…一度立寄ってみてください。



 

 

 管理人お奨め記事

www.tabi.