旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

上高地

f:id:tabicafe:20200517133009p:plain

日本屈指の山岳景勝地
JAPAN ALPS KAMIKOCHI 上高地

今回は登山家、トレッキング愛好家、憧れの地、上高地を語ります。

現在では、年間120万人もの人々が訪れる山岳景勝地上高地。手付かずの自然が多く残る、大自然の宝庫と呼ばれるれ「リゾート観光地」となりました。しかしまだ歴史は浅く、一般観光客が多くこの地を楽しむようになったのは昭和年代に入ってからです。

 

上高地の歴史

上高地を楽しむには、「ウォルター・ウェストン」と「上條嘉門次」、この2人知る事から始めなければなりません。

日本にやってきた英国人宣教師、W・ウェストンが上條嘉門次を山案内に、穂高岳に登頂したのは明治26年(1893)。ふたりの初対面では、悪天候穂高岳登行の先を急ぐウェストンと、悪天候であるがゆえにこれを拒む嘉門次の意見が食い違い、感情的な対立があったと伝わります。

しかしその後、ふたりは何度も山行を重ねる中でお互いの絆を強めていきました。特にウェストンは嘉門次の山行技術と的確な判断を認め、信頼は極めて深いものになったといいます。

f:id:tabicafe:20200517133539j:plain

W・ウェストンは1896(明治29)年に著した『日本アルプス登山と探検』の中で、自らが登った上高地穂高連峰槍ヶ岳を広く世界へ称賛しました。

それまで日本の登山とは、「信仰・修行としての山登り」であり、「狩猟など生活のため」の山行きでありました。その登山をレジャーとして広く知らしめ上高地を有名にしたのがウェストン、彼の功績は「日本近代登山の父」として今日でも広く称えられています。

その際、W・ウェストンの山行きを案内したのが地元安曇村生まれの猟師・上條嘉門次。嘉門次の名は、W・ウェストンの著書の中にも“ミスター・カモンジ”と記されています。

日本アルプス
明治になって近代化を進めるために、明治政府は多くの外国人技師を雇いました。その中で、英国冶金技師ウィリアム・ガウランドが1877(明治10)年7月に槍ヶ岳に登り、その記録を雑誌で紹介し、その中で「Japan alps」という表現を用いたのが、今日の〈日本アルプス〉の語源になりました。

日本人登山家としては鵜殿正雄が初めて前穂高岳に嘉門次と一緒に登ったのが始まりでした。

1927(昭和2)年は上高地にとって重要な年となります。文豪 芥川龍之介が何度となく訪れた上高地河童橋を題材に、小説『河童』を発表。7月には鉄道省(現在のJR)が後援し東京と大阪の新聞社が主催した「日本八景」の渓谷の部に於いて、上高地が第一に推されました。

同年、昭和天皇実弟秩父宮殿下上高地から奥穂高岳に登り槍ヶ岳への縦走が行われ、連日新聞の話題となりました。さらに理学博士中井猛之進は、国立公園選定の準備調査の中で、上高地の河原で日本で初めてケショウヤナギを発見した年でもありました。

その後、山小屋や温泉宿もまばらであった上高地に、初の山岳リゾートホテル(現・上高地帝国ホテル)が開業しました。釜トンネルを通り大正池まで資材を運び、そこから建築現場まではまだ道路が開通していなかったために、大正池を小船で運んでホテルを建設したそうです。

そして現在は、年間120万人もの登山家、トレッキング愛好家、観光客が訪れる日本屈指の山岳景勝地となりました。

環境保護との闘い

1940(昭和10.20)年代に入ると山岳ブームはますます加熱し、観光客は増加の一路をたどり、県道は整備されてバスやマイカーの乗り入れも頻繁となりました。しかし反面、自然への影響は深刻な問題となったのです。

そこで1975(昭和50)年、県道上高地公園線のマイカー規制を開始。クルマによる排気ガスの影響を最小限にとどめることで、多くの動植物の営みや、空気や水の美しさが保たれています。

上高地へは年間を通してマイカーでは入れません。
自家用車(レンタカー、自動二輪を含む)は、釜トンネル手前で通行禁止。クルマで来た場合は、…
松本市方面からは、沢渡駐車場(1日700円)
高山市方面からは、あかんだな駐車場(1日600円)
…でクルマを置いてシャトルバスで上高地に入ります。

上高地5つのルール
1.
植物や昆虫などの生き物を採らない
2.動物にエサを与えない
3.ゴミは全て持ち帰る
4.ペットや外来生物を持ち込まない
5.道を外れて歩かない
…上記5つは徹底していただきたい… 。
”このくらいはいいかしら?” …、…良くありません!!

 

上高地の山

まずは下記マップにて上高地から見える代表的な山の形、名前を解説します。
赤⇒ :代表的な山」…左から、西穂高岳2909m、奥穂高岳3190m、涸沢岳3110m、北穂高岳3106m、槍ヶ岳3180m、下にきて、前穂高岳3090m、明神岳2931m、六百山2449m。…「青枠:横尾登山口」

f:id:tabicafe:20200517064514j:plain

上高地に入ったら、まず目に飛び込んで来るのが山の景観です。登らなくとも山の形、場所、名前、特徴、難易度などを事前に頭に入れて上高地に入ると、いっそう散策を楽しむことが出来ます。

奥穂高岳(3,190m)北アルプスの最高峰で日本第3位の高さを誇る。山頂には日本アルプスの総鎮守・穂髙神社の嶺宮が祀られている。

北穂高岳(3,106m)穂高連峰の最も北に位置する厳しい難所。西面には「鳥も通わぬ」といわれる滝谷の岩場が剥きだしている。

前穂高岳(3,090m)奥穂高岳と吊尾根で結ばれた岩と雪の急峻な峰。裏面の奥又白谷の奥にそそり立つ前穂東壁は「ナイロンザイル事件」の舞台。

西穂高岳(2,909m)穂高連峰の西端に位置する険しい岩場の大きな山体。河童橋からは稜線の左端に見える。

明神岳(2,931m)穂高連峰の東端に位置し、河童橋からは稜線の右端に見える。最も険しく崩れやすい岩場が続く大きな山体。

ナイロンザイル事件:1955年(昭和30年)1月2日に日本の登山者がナイロン製のクライミングロープ(ザイル)が切れて墜落死する。それに端を発した日本の登山界での騒動。 作家の井上靖朝日新聞に連載した小説『氷壁の素材としてこの事件の初期段階を書いた。これは上高地梓川上流にある徳沢に多くの人が訪れるきっかけとなった。

 

赤⇒ :焼岳2455m」「青枠大正池

f:id:tabicafe:20200517091344j:plain

焼岳(やけだけ)
長野県と岐阜県の県境にある焼岳(標高2,455m)は、今も噴煙をたなびかせる活火山。上高地から日帰りで登れる山として、多くの登山者に親しまれています。南峰と北峰の間には、エメラルドグリーンの火口湖・正賀湖があります。

およそ3万年前から始まったといわれる火山活動は、現在沈静化していて噴火警戒レベルも最小の1に設定されています。…が、事前に必ず気象庁の火山情報を確認し、噴気孔近くには近寄らないようにしましょう。

大正池
焼岳は大正4年(1915)に噴火。噴出した熔岩や泥流によって梓川が堰き止められて出現したのが大正池です。

大正池といえば、晴れた日の穂高連峰を映し出した風景が印象的ですが、早朝の景色も必見です。特に雨上がりの朝などは靄(もや)が立ちのぼり、水面に浮き上がる立ち枯れの木々と相まって、白くかすんだ青の世界が何とも幻想的です。

f:id:tabicafe:20200517092527j:plain
f:id:tabicafe:20200517092517j:plain
f:id:tabicafe:20200517092507j:plain

 

上高地散策コース案内

上高地を歩くのに地図・マップを持って行くべき?
答えは「地図は必要ありません」。…イラストマップがあれば事足ります。

上高地では分岐などのポイントには必ず道標があり。そもそも歩行路がしっかりしていますので迷う心配は皆無。

上高地へ行けば、バスセンターでも売店でも公式イラストマップを100円(かなり安いと思う…楽しむためにもこのマップは必ず購入する事!)で販売しています。

 

それと服装
上高地の8月の平均最高気温は23℃ほど。東京のゴールデンウイーク頃並みの気温です。 木陰に入るとス~っと涼しく朝夕は寒いと感じるかも。

標高が100m高くなると気温が0.6℃下がると言われていますので上高地の標高は1500mだから街中より9度低いと思ってください。

 

上高地の標高は1500m、息苦しくはない?高山病は?
激しい運動をすれば多少息苦しさを感じますが、散策・ハイキング程度ならまったく問題ありません。また、上高地を訪れる際に時間をかけて高度を上げてきたはずですから、高山病の心配は皆無です。

 

トイレはあるの?
下記マップにトイレの場所が記されています。上高地には、結構トイレがありますので、ご安心下さい。緑色の ① 〜 ⑩ がトイレで、無料とチップ制(100円程度)があります。財布には必ず100円を確保しておくこと。(チップは、上高地の自然を守るために使われるそうです)

 

f:id:tabicafe:20200517095015p:plain

 

河童橋
上高地のランドマーク童橋。人工物でありながら、その姿は大自然と融合し上高地に欠かせない風格のある存在となっています。橋の上からは穂高連峰や岳沢、清冽なる梓川の流れ、陽光に煌めき揺れる川辺のケショウヤナギやカラマツ、そして振りかえれば時折噴煙たなびく焼岳が展望できる絶好のビューポイントとなっています。

f:id:tabicafe:20200517123921j:plain

 

ウォルター・ウェストンのレリーフ(浮彫胸像)
氏は登山家として日本各地の名峰を制覇し、明治24年(1891)上高地にも訪れて山案内人・上條嘉門次とともに北アルプスに挑みました。
そして明治29年(1896)、著書『日本アルプスの登山と探検』のなかで上高地の魅力を世界に称賛しています。「楽しみとしての登山」を日本に伝えた功労者として、日本山岳会はその栄誉を称えるとともに氏の喜寿を祝って、昭和12年(1937)梓川沿いの広場に額面型のレリーフを掲げました。河童橋から徒歩約20分。

f:id:tabicafe:20200517124633j:plain

 

田代池・田代湿原
原生林のなかに、ぽっかりあいた湿原に広がる田代池。池のなかには幾つかの島があり、まるで水田地帯のように穏やかな風景となっています。田代池の四季は美しく、夏はイチョウバイカモや周辺のニッコウキスゲ、コケモモが箱庭のような美しい景観を見せてくれます。5月の新緑や10月の黄葉、晩秋の霧氷もおすすめの光景です。
サギスゲに覆われた田代湿原では、透明度の高い水面に穂高連峰が映り込んで、新緑の頃咲くレンゲツツジのオレンジが絶妙なアクセントになっています。

f:id:tabicafe:20200517124829j:plain

 

岳沢湿原
原生林の中に広がる魅惑の湿原。針葉樹林の中に続く木道をゆっくりと進んでいく
静寂の先に現れる立ち枯れの木々、透明感あふれる清らかな湧水、そこは、岳沢より流れ来る筋と善六沢が合流するあたりに広がった六百山の眺めがひときわ見事な岳沢湿原
上高地の自然が織りなす真の魅力に気づく場所。

f:id:tabicafe:20200517124953j:plain

 

明神
河童橋から梓川沿いを上流へ1時間ほど歩むと、ニリンソウの群生が美しい明神に着きます。ここ一帯は眼前にそびえる明神岳をご神体とした穂髙神社奥宮の神域です。喧騒をほどよく逃れた明神は山野草や野鳥の種類も豊富で、ゆっくり散策したい方にはおすすめのスポットです。
徳本(とくごう)峠へと続く白沢出合辺りでは、オオバキスミレやコチャルメルソウ、山裾の斜面ではシャクナゲの花も見られます。

神社の後ろに控えた明神池は、神々しいばかりの風景。くるりと囲んだ青い針葉樹、 計算しつくされたように湖面に顔を覗かせる岩々、 背景にそびえる明神岳が落とす夕刻の影…それはまさに神域にふさわしい自然がつくった造形美です。

f:id:tabicafe:20200517125112j:plain
 

徳沢
静寂と緑が満ちる、上高地奥座敷。小説「氷壁」の舞台となった徳沢は、 かつて牛馬を放った草原。 牧歌的な風景に安らぎながら前穂東壁の荒々しい表情に暫し思いを馳せる。

f:id:tabicafe:20200517125231j:plain

 

横尾
涸沢・穂高槍ヶ岳、そして蝶ヶ岳へ…北アルプスの登山基地
河童橋から梓川左岸のなだらかな道をゆっくり歩いて約3時間(11km)。明神を過ぎ徳沢を経て、比較的ゆるやかな山道を行くとその先に奥上高地・横尾があります。ここは上高地バスターミナルや賑わう河童橋付近とはひと味違い、静寂に包まれたひときわ美しい場所。めずらしい山野草や鳥たちが出迎えてくれます。
槍ヶ岳へ、涸沢・穂高岳へ、そして蝶ヶ岳から常念へ…横尾は北アルプス登山の起点。心引き締めこれから頂を目指す人、山から下りてきて達成感に浸る人、様々な登山者の思いが交差する場所でもあります。

f:id:tabicafe:20200517125416j:plain

 

管理人の独り言

猿がいます。猿に出会うと思います。冬でもいますから、いつでも出会えます。沢山います。でも…エサをあげてはいけません。

それと梓川は釣り禁止なのでたくさんの渓流魚が見れますよ。 岩魚が泳いでます。
嘉門次小屋 では囲炉裏で焼いた岩魚が名物です。 でも、これは養殖です。 

上高地でテント泊…小梨平、徳沢、横尾どこがいいの?
小梨平:ほとんど歩かなくていいし売店がすぐ近くにあるので便利だけど、観光客も多いので騒がしい。1泊1600円
徳沢:観光客はほとんど来ないので静かだけど、登山の拠点と考えると蝶ヶ岳しか行けない。1泊1000円
横尾:横尾は遊歩道の終点にあって特に眺めがいいわけでない河原のテン場です。ここなら蝶、槍、穂高、涸沢どこでも行ける。散歩がてらに槍見台もある(30分登り)。ただ山好きがいて人によっていろいろな話が聴ける。山登りはしないけど気分だけ味わうにはいいかも。1泊1000円

管理人は正直思います。上高地まで来て河童橋周辺だけ散策して帰るのはもったいない。1泊…若しくは2泊…できれば3泊。予算に限りがあるなら、テント泊という手もありますよ。(予算関係なしでテント泊も楽しいよ…笑)

 

 

 

当ブログお奨め記事

www.tabi.cafe