旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

高杉晋作 ”愛され・やんちゃ” 革命 時代を変えた男の魅力

f:id:tabicafe:20200329004720j:plain

NHK歴史秘話ヒストリア

”鼻輪のない暴れ牛” と言われ幕末に革命を起こした英雄 長州藩高杉晋作・・高杉はやることなす事型破りで走り始めたらもう止まらない 「おもしろき事なき世におもしろく」 と歌うなどやんちゃなところがあったようです。

・外国の公使を暗殺
・藩に無断で軍艦購入
とにかく高杉のやる事は、無謀、無茶苦茶・・しかし高杉晋作が歴史に名を残した大きな賭け、僅かな人数での武力クーデター・・この無謀な決起は周囲には迷惑そのもの後の明治の大物たちを巻き込みながら高杉は真っすぐ突き進みます。

時代は幕末、高杉晋作長州藩、上級武士の家に生まれる。
19歳、松下村塾で運命的な出会い、生涯の師、吉田松陰の教えを受ける。
松陰が高杉達若者に説いたのは志の大切さ 「死して不朽(後世に残る)の見込みあらばいつでも死ぬべし、生きて大業の見込みあらばいつまでも生くべし」 吉田松陰の言葉


20歳希望を胸に江戸に行くも勉学、軍艦、剣術、と全て中途半端で投げ出し挫折。
24歳、藩命にて海外視察で上海へ・・当時清国は西洋との戦争に敗北し植民地状態でした・・「日本も人ごとではない」 と考えた高杉は過激な攘夷思想へと傾倒して行きます。
・外国の公使を暗殺
・藩に無断で軍艦購入
と次々と行動を起こすも失敗、中止に追い込まれます。
志は高く、負けん気も強い、しかし何一つ形にできない自分、若き日の高杉は苦悩します。

文久3(1863)年5月晋作25歳 長州藩は「攘夷」を実行し西洋の艦隊と交戦するも近代兵器を用いた西洋艦隊の攻撃に敗北する。
非常事態に藩は、軍備増強を叫んでいた高杉を呼び出します・・高杉は常識外れの案を打ち出します。
農民、町人中心の新しい軍隊、騎兵隊です。武士階級だけに頼らない、一人でも多くの兵を募り最新装備の洋式軍隊を創設しようとしたのです。
高杉の呼びかけに騎兵隊は2000人を超えました。「自分の国は、自分で守る」 という自立心を人々に芽生えさせたのです。

ところが高杉の性格は簡単には変わりません。
元治元年(1864)高杉26歳 藩の重要な任務に当たりますが独断で行動して命令違反を問われ牢屋に入れられてしまいます。・・ようやく本格的に動き始めた時のつまずきでした。

f:id:tabicafe:20200329004728j:plain

元治元年(1864)6月 高杉が牢にいる間に 「禁門の変」(長州軍が京都で幕府・諸藩連合軍と激突し敗北する)が起こります・・松下村塾時代からの大親友、久坂玄端をはじめ多くの仲間が戦死します・・こうした事態を受け高杉を支え続けた理解者の藩の重役 周布政之助切腹します。

幕府は、禁門の変の責任を問うため長州本国に10万を超える大軍を送り包囲、長州藩の上層部は幕府に降伏して従おうという勢力が実験を握る。
高杉は多くの仲間と周布という藩の大きな後ろ盾を失います・・牢から出た高杉は九州に亡命し九州各地の同士に共に戦うよう求めるも幕府の大軍を前に立ち上がるものはいません。

f:id:tabicafe:20200329004737j:plain

「長州の事は長州の者がやるしかない」高杉は藩の主導権を奪い返すためにクーデターを決意・・長州に戻った高杉が最も頼りにしたのが自分が創設した騎兵隊・・この時、騎兵隊を率いていたのは、松下村塾の後輩、山県有朋です。
藩の軍勢2000人に対し下関付近にいた騎兵隊200人~300人、勝ち目はありません・・高杉は山県に藩政府打倒を訴えるも拒否されてしまいます。・・「今更戦いなんて迷惑だ」これが山県の率直な思いでしょう・・「とても危険で刺激的、魅力は有るけど大いに迷惑」・・そんな先輩が高杉晋作でした。

f:id:tabicafe:20200329004714j:plain

いくら高杉でも一人では何もできません。
元治元年(1864)12月15日 下関・功山寺 高杉は決起を決意・・高杉は一人ではありませんでした高杉を慕う後輩の伊藤博文が仲間を連れて来たのです・・その数僅か80名、無謀な賭けです。
高杉達は軍資金を得る為に下関の藩の役所を襲撃、ここを拠点に長州各地に決起への参加を呼び掛けた。

この動きに藩もすぐに反応、萩から下関へ軍勢を南下させる・・高杉危うし!・・しかし、この時、思わぬ展開に引きずり込まれたのが山県有朋率いる騎兵隊です。
藩が高杉達との連携を心配し騎兵隊に武装解除を命じたのです・・庶民の軍隊である騎兵隊が武器を捨てたらいずれ解散させられる事になるでしょう・・山県は、やむえず高杉の無謀な決起に参加・・騎兵隊は、南下してきた藩の軍勢を奇襲攻撃、高杉も合流して激しい内戦に発展・・これで流れが変わり、高杉の呼びかけに各地の部隊が応え決起軍に参加し始めたのです。

膨れ上がった決起軍は、藩政府軍を圧倒、クーデターを成功させ藩の実権を奪い返すのです。
高杉の無謀な決意が多くの人を巻き込み長州は、幕府打倒へと突き進んでゆくのです。

慶応2(1866)年 高杉晋作28歳 長州藩と幕府が激突・・高杉は、たった1隻で幕府艦隊を奇襲するなど活躍し長州を勝利に導きます。
しかし戦いのさ中に結核で倒れ慶応3(1867)年 4月14日息を引き取ります。
高杉晋作 死去 享年29

高杉晋作ってカッコイイじゃないですか・・ハチャメチャな高杉、大好きになりました。