旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

NHK 100分de名著 アラビアンナイト

f:id:tabicafe:20200401234839j:plain

NHK 100分de名著

アラビアンナイト
新 第1回 世界最長のファンタジー

・アラジンと魔法のランプ
・空飛ぶ絨毯
・アリババと40人の盗賊
・ジンドバッド

誰もが知っている ”アラビアンナイト” …またの名は、 ”千一夜物語” でもその本当の姿は?


国立民族学博物館教授 西尾哲夫
「… 世界文学としてアラビアンナイトは、誰もが知ってると思いますが、…
・誰が書いた?
・いつ頃、成立した?
…実は、よくわかっていないんです。

アラブ社会では、 『アラビアンナイトを読もうとしても、読み終わる前に死んでしまう』 ということわざがあるぐらい長い物語、世界最長のファンタジーなんです。…」


アラビアンナイト』基本情報
・原題は、 『千一夜』(アルフ・ライラ・ワ・ライラ)
・中世イスラム世界で語り伝えられてきた物語集
・1704年、アラビア語写本から仏語に初翻訳
・ヨーロッパ中で出版ブームに
・英語版で 『アラビアンナイト』 と名付けられる

 

国立民族学博物館教授 西尾哲夫
「… 300年前にフランス学者が仏語に訳して、すぐに英語訳が出て英語訳が再販されて一大ブームになるのです。

つまりヨーロッパで一大ブームにならなければ、いまだにアラビアンナイトは知られていないままだったと考えられます。

シェヘラザードというお姫様が語る物語です。その大きな物語、『枠物語』 を大きな物語としていろんな物が足りが入って行くという構成です。…」


アラビアンナイト千夜一夜物語とは…
きっかけは女性の浮気!
1.昔々、大いに栄えたサーサン朝ペルシアに、シャフリヤールという王様がいました。…王は弟、シャー・ザマーンに会いたいと使いを出しました。

2.喜んで城を出発した弟、しかし忘れ物に気づき一人城に引っ返すと何と愛する妻が奴隷を寝室に引き込んでいたのです。その場で妻と奴隷の首を刎ねました。

3.弟を迎えて久しぶりの再会を喜ぶシャフリヤール、しかし弟の顔色が優れません…狩りに誘っても弟は城に残るといいます。兄は仕方なく一人で出かけます。

4.一方、城に残った弟が中庭を眺めていると兄・シャフリヤールの妃が男たちと淫らな行為を始めたのです。…弟:「妻に裏切られていたのは私だけではない」

5.弟は気が楽になり、急に元気になった弟にその訳を兄が尋ねると弟は、目撃したことを兄に告白、…妻の不貞を知った兄はショックを受け弟と失意の旅に出ます。

6.旅で巨大な魔人に出会うんですが、その魔人も女に裏切られるんです…その数、570回… 「恐ろしい魔人でも女に裏切られるんだ」 身にしみた兄弟は宮殿に戻ります。

7.兄・シャフリヤールはただちに王妃と奴隷たちを処刑、それからは生娘を迎えては翌朝にはその首を刎ねるようになりました。町からはすっかり生娘がいなくなり大臣は困り果てます。

8.その時、 「私が参ります」 と名乗り出たのが大臣の娘・シェヘラザードです。美しく深い教養を身に付けた彼女は父親の反対を押し切り、妹・ドゥンヤーザードを連れて王宮に上がりました。

9.その夜、王の寝室にいたシェヘラザードの元へ妹が訪れ、 「お姉さま、面白い話を聞きたい」 とせがみます。

10.これはシェヘラザードの計画、…こうしてシェヘラザードは不思議な話を語り始めたのです。

国立民族学博物館教授 西尾哲夫
「… 基本的には 『女性不審』 がテーマ、…ですから児童文学ではほとんど省略されています…というか書けませんね。

私は 『女性嫌いの文学』 の伝統と呼んでます。インド、イランなどにかなり広まった物語の伝統です。…」

f:id:tabicafe:20200401234821j:plain


シェヘラザードの語りテクニック
11.明日をも知れぬ中、命懸けで王に物語を語るシェヘラザード、実は彼女には話をより面白くさせるテクニックがあったのです。

12.①気になる続きは、また明日 …「あらもう夜明け、続きはまた明日にしましょう」…シェヘラザードは一つの物語を絶妙なタイミングで区切り、いく夜にも分けて語ったのです。

13.②妹とのサクラ作戦…シェヘラザードの話が終わるとすかさず妹・ドゥンヤーザードが現れ、 「お姉さまのお話素晴らしいわ、本当に楽しくて魅力的ですわ」 …横からこう言われると釣られて面白く思えてくるでしょ。

14.③明日はもっと面白い!…そこでとどめの一言 「いいえ、明日の晩にするお話の面白さに比べたら何でもないわ」 …シェヘラザードの作戦勝ち!

15.王は話の続きを聞く為にシェヘラザードを生かし続けたのです…こうしてシェヘラザードの寝物語は延々と続けられていったのです。


国立民族学博物館教授 西尾哲夫
「… 実際にいた物語師の伝統がシェヘラザードの造形に影響しています。…私は 『元祖・朝の連続ドラマ』 と思っています。

アラビアンナイトの物語は 「入れ子」 構造になっています。
①枠物語(シャフリヤール王の物語)
②シェヘラザードが語る物語
③その中に背中にコブのある男の物語が出て来て
④仕立屋の話をして
⑤そして仕立屋が床屋の話をして
⑥床屋が6人の兄弟の話をする
…玉ねぎのように物語が 「入れ子」 になっているんです。(ロシアのお土産・マトリョーシュカ作戦ですかね)

f:id:tabicafe:20200401234805j:plain

文字で書く文学の前の語り継ぐ、口承文学の時代では、これならばいくらでも物語を長くする事が出来るのです。…」


アラビアンナイト 「発見」 物語
意外! 不思議な成立史
17世紀末のフランス、東洋学者アントワーヌ・ガランは、アラビア語で書かれた一冊の写本を手に入れます。

それは、 『シンドバット』 という商人の冒険物語、不思議な物語に魅了されたガランは、これを翻訳して出版します。

しかし、翻訳を終えた頃、ある情報がもたらされます。それは、シンドバッドの物語は、 『千一夜』 という大きな物語集の一部だというのです。

そこでガランは、 『千一夜』 を探し求めました…数ヵ月後、シリアのアレッポで写本が見つかります。早速ガランは写本を取り寄せ翻訳、…1704年、初めて 『千一夜』 がヨーロッパで出版されたのです。

f:id:tabicafe:20200401234829j:plain

(1704年 ガラン翻訳「千一夜」第一巻出版)

ただしガランは、写本をそのまま訳したのではありません…実は、ガランが手にした写本には 『シンドバッド』 の話が入っていなかったのです。

それでもシンドバッドは 『千一夜』 の話と信じていたガランは、翻訳本の三巻目にシンドバッドの話を入れてしまったのです。

f:id:tabicafe:20200401234847j:plain

(3巻『海のシンドバッド』)

更にガランが手に入れた写本は途中は途中で終わっていました…続きが見つからず困っていたガランは、アレッポ出身のアラブ人から、『アラジン』、『アリババ』、『空飛ぶ絨毯』 など17の話を聞き取り、これらの話も組み込みます。

しかし、『千一夜』 には足りないままでした。…しかし千一夜の出版ブームがヨーロッパに巻き起こったのです。

その為、多くの人が千一夜分の物語探しを始めていったのです。


国立民族学博物館教授 西尾哲夫
「… 『アラジン』、『アリババ』、『空飛ぶ絨毯』 など17の話はガランがアレッポのアラブ人から聞いたものをアラビアンナイトに組み入れたものだから原本の写本は無いのです。

アラビアンナイトの物語はもっと複雑で ”原典が無いのなら探しましょう” … ”原典が無いのなら作りましょう” という人が出てきたのでアラビア語写本の原典を捏造する人が現れます。

偽物が本物だと思われていた時代にアラビアンナイトに取り入れられて物語もあります。ですからどんどん歴史が複雑になっています。

f:id:tabicafe:20200401234857j:plain

アラビアンナイト 1001物語年表)

15世紀頃:ガラン写本 282夜(35物語)
1704年~1717年:ガラン翻訳版 480夜(60物語)
1835年~1842年:ブラーク版、カルカッタ第2版 1001夜(260物語)
 
純粋なアラビアンナイトは、282夜までは、筋が通ってますし物語が洗練していますね。

まあ 『千一夜』 というタイトルも不思議です…なんで一夜だけ余ってるんでしょう。…アラブ人もトルコ人も 『千一』=『非常にたくさん』 という意味を持っているのです…1001が正確な数ではなく、沢山の夜という意味ではないでしょうかね。…」

伊集院光
「200何夜ぐらいが元々の話でその後、1001夜まで ”作っちゃえ!” 的な感じなんですね」

f:id:tabicafe:20200401234814j:plain

武内陶子
伊集院光

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tabicafe:20200401235344j:plain

NHK 100分de名著

アラビアンナイト
第2回 異文化が出会う場所

終わりの見えない政情不安、絶えまない争い、中東は今混迷の度合いを深めています。…しかし、アラビアンナイトが生まれた頃、アラブ世界は今とは全く違う状況にありました。

中でも9世紀のバグダッドが、人口100万人、当時世界最大の都市、世界中から商人が訪れる平和の都でした。

アラビアンナイトからは、宗教や民族を超えて共存する人々の生活が浮かぶ上がってきます。国際色豊かなアラビアンナイト、その意外な姿をひもときます。

国立民族学博物館教授 西尾哲夫
「… アラビアンナイトというと日本人の多くは、砂漠、ラクダなどを想像すると思いますが、そういう砂漠の人たちの話はほとんど入っていません…ほとんどが都市の物語です。

バグダッド・カイロ・ダマスカスなど国際都市の中で物語が展開します。…」

 

f:id:tabicafe:20200401235427j:plain

『背中にコブのある男』
妃シェヘラザード:「王様、私こんな話を聞いた事がありますの…昔々、とある町に仕立屋の夫婦がいました」 と 『背中にコブのある男』 の話しは始まります。

1. この夫婦は道で背中にコブのある男と出合います。この男とても楽しい話をします。夫婦は男を自宅に招待、男を料理でもてなします。

気前のいい妻は大きな魚をフライにして男の口に突っ込みます。ところが魚の骨を喉に詰まらせ窒息、男は息をしなくなります…死んでしまったのです。

慌てふためく夫婦、しかし妻は、 「医者に連れて行き置いてきちゃいましょう」 と言うと夫に背負わせ医者に連れていきました。

医者につくと黒人の女奴隷が出てきます。 「早く先生を!」 というと黒人の女奴隷は急いで階段を上り医者の元へ…夫婦は、「しめた!」 と思い2階のドアの前に男を置いて立ち去ります。

2. ユダヤ人の医者が患者を見ようとドアを開けると男を蹴飛ばしてしまいます。男は階段を転げ落ちます…医者が慌てて駆け寄ると男は既に息絶えていました。

病人を死なせた事に医者は慌てます。しかし医者の妻は落ち着いたもの…「さあ早く死体を担いで屋根に登って隣の庭に放り込んでしまいなさい」 …とな。

3.  ”ドサ” …そこは料理番の家でした。いつも料理の食材を盗まれて困っていた料理番、帰宅すると 「大事な食材を盗んでいたのはお前か!」 とこん棒で殴ります。

しかし男が動かないのを見て慌てた料理番は、死体を市場に運び、一軒の店前に立てかけ逃げ去ります。

4. そこへやってきたのが酔っぱらったキリスト教徒、暗がりに男を見つけます。昼間ターバンをひったくられていたキリスト教徒は、 「また泥棒か!」 と力いっぱい殴りつけます。

馬乗りになって殴り続けていたところ警備人が駆けつけてきました。「おおアラーの神よ、キリスト教徒がムスリムを殺してしまった」 キリスト教徒は捕えられ、縛り首を命じられてしまいました。

妃シェヘラザード:「さあいよいよ首に縄が掛けられたその時…あ、王様、夜が明けましたわ…続きは明日の夜ということで…」


国立民族学博物館教授 西尾哲夫
「… このままではキリスト教徒がかわいそうですよね…
1.キリスト教徒の首に縄が掛けられたとき、実は私がしましたと料理番が申し出ます。
2.料理番に縄が掛けられたとき、医者が…
3.医者に縄が掛けられたとき、仕立屋が申し出ます
…じつは背中にコブのある男は、王様の使用人だったのです。

王様は、面白い話が出来るなら、それぞれの命を助けてやると言うんです。…そして全員が語り始め、最後にのどから骨を取り出すと男が息を吹き返してハッピーエンドという話なんです。

古典落語を聞いているような最後に落ちがつくんです。実はこの話、関西の落語家、桂孔雀が江戸の長屋の話しにして落語として発表したんです。

登場人物にも注目ください
仕立て屋(イスラム教徒)
背中にコブのある男(イスラム教徒)
ユダヤ人の医者(ユダヤ教徒
酔っ払いの男(キリスト教徒)
料理番(イスラム教徒)
黒人(女奴隷)
…職業、身分、宗教、当時のバグダッドの国際色豊かなところを示した物語なんです。イスラムは、宗教には寛容だった事がわかります。…」


海洋交易の物語
「シンドバッド」

国立民族学博物館教授 西尾哲夫
「… 当時のバグダットの風俗を示している話としては一級品の話が 『シンドバッド』です。

『船乗りシンドバッド』、『シンドバッドの冒険』 とか日本では呼ばれていますが実際は、船乗りというより、商人です。

船でいろんなところに行って珍しい物を仕入れては、バグダッドで売り捌いてお金儲けをする…冒険して宝を探して、戦ってというイメージですが実は商人だったんです。

海のシルクロードの時代のヒーロー的な物語です。

f:id:tabicafe:20200401235455j:plain

5世紀ぐらいまでは陸のシルクロード、ここからは船の交易、海のシルクロードの時代が来ます。海岸沿いに移動して、インド、東南アジアなどで仕入れをしてバグダッドで販売する商人だったのです。…」

武内陶子
伊集院光