旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

戦国武将 柴田勝家

f:id:tabicafe:20200329121429j:plain

柴田勝家(1522?~1583)

NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」で注目が集まっている柴田勝家・・文献があまり残っていないのでどのようにでも書けますが確かに秀吉とは仲が悪かったでしょう。
それに市とは、北の庄で仲よく暮らしていたのだと思いますね・・絶世の美女である市・・その娘達も市に劣らない美女だったと伝えられています。
君主の妹と子供、勝家も大切に扱ったでしょうからね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
生年不詳であるが、大永2年(1522)、尾張に生まれ斯波氏の一族とも言われる。幼名は権六。

はじめ織田信長の弟信行に仕え、弘治2年(1556)林通勝とともに信行を擁立して信長に謀反するが失敗。その後、信行の謀反を通報して信長に許され、あらゆる戦いのたびに信長の先鋒として軍功を立てた。

伊勢長島の一向一揆や、越前小谷戦など、数々の働きがあり、「掛かれ柴田に、退き佐久間」など、鬼柴田とも呼称される。織田家の筆頭家老職。

六角承禎との戦で長光寺城に篭城したとき、糧米、飲料水が尽きてくると、甕を割って残りの水をことごとく流し捨てたため、返って味方が決死の覚悟となって敵を破った、という故事もある。

天正2年(1575)信長が越前を平定したのち、北之庄城にあって越前を治める。

また、信長麾下の佐々成政、不破光治、佐久間盛政、前田利家らを率いて、加賀一向一揆も平定。能登越中に進出し、上杉景勝と対峙。ゆえに、本能寺の変では動けず、秀吉の明智光秀討伐に遅れを取った。

これがため、信長の後継者に三男の信孝を擁立しようとしたが清洲会議においては秀吉に主導権を握られ、信長の第一の宿老として、信長の妹お市の方浅井長政未亡人)を娶り、秀吉との対立姿勢を深めた。

勝家はここまでに越前、加賀、能登越中に加え北近江地方の180万石程度を領し美濃の織田信孝、伊勢の滝川一益らと反秀吉派を形成。

天正11年(1583)、織田信孝滝川一益らと秀吉を討つべく越前に兵を挙げたが、岐阜から急遽引き返した秀吉と賤ヶ岳において決戦し、大敗。北之庄城に逃れたが秀吉軍に追撃され4月24日お市の方とともに自刃。推定62歳。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■まあ・・勝家は、悲運の武将と言えるでしょうね。