旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

秩父多摩甲斐国立公園…御岳山

f:id:tabicafe:20200416150804p:plain

秩父多摩甲斐国立公園…御岳山

自然が恵む神秘のパワー
古くから霊峰と崇められた信仰の山が御岳山です。…野鳥・昆虫・植物の宝庫としても知られています。…春は新緑をたずねて、夏は涼をもとめて苔むした岩間を流れる清流が美しいロックガーデン。…秋は紅葉と鳴虫の女王・カンタンの鳴声に耳をかたむけ、…冬は冴え渡る透明度のなか、遠く夜景を眺めるなど、四季を通じて豊かな自然にふれあえる山が御岳山なんです。…都心から1時間でこの自然に触れ合える…なんて贅沢なんでしょう。


それでは、マップの説明です…
:御岳山ケーブルカー」、「:リフト」、「:レンゲショウマ群生地」、「ピンク:武蔵御嶽神社」、「:ロックガーデン

f:id:tabicafe:20200416131451j:plain

まずは御岳山ケーブルカーで麓の滝本駅から御岳山駅に向かいます。…滝本駅 - 御岳山駅間の1107m、標高差423m、最大勾配斜度25度の急勾配を6分程度で結んでいます。ケーブルカーの中からの眺望、すばらしい…お楽しみください。

f:id:tabicafe:20200416143411p:plain

御岳山駅に下りたら大展望台へ…ここで、ご案内したいのが足腰に不安のある方は、リフトを使うといいです…片道100円で乗れます。…停まっていても係の方が常駐していまして、お一人からでも動かしてくれます。

大展望台で素晴らしい眺望を見ながらベンチで一服(広場にはベンチとテーブルが設置されています)

また、“産安社”(うぶすなしゃ)もあります。ここでは、コノハナサクヤヒメ、その姉のイワナガヒメ、またオキナガタラシヒメ(神功皇后)の三柱が祭られ、良縁・長寿、子授け、安産にご利益があるとされます。

ちなみにコノハナサクヤヒメは、産屋に火を放ち海彦・山彦を生んだとされます。
この産安社には子授檜、夫婦杉、安産杉の“ご神木”もあります。是非触れて、女神様たちからパワーを授かって下さい。

そして、リフト乗場のある大展望広場から、武蔵御嶽神社まで地図で言えば、上の中ほどです。…御岳神社までは、徒歩25分…御岳神社が御岳山の山頂です…御岳神社までの道のりは、結構きついです…うんざりするほど歩きます…それと最後に難関があります…神社までたどり着くには、330段の石段を上らなければなりません御岳神社…心して向かってください。

それと330段の石段の手前、マップで言えば御嶽神社のすぐ下に商店街があります…ここは結構楽しいです…お土産屋さん、飲食店が立ち並んでいます…ですから、足腰に不安のある方は、商店街を見たり、お茶でもしながら、お仲間を待つのも、いいんじゃないかと思います。

それと耳寄り情報…御岳神社の330段の石段の途中には、フクロウのベンチ、かっぱのベンチ、犬のベンチ、と石で出来た、3つのベンチがあります…休憩しながら、登ってください。

 f:id:tabicafe:20200416143122j:plain

もう一つ、興味深い話し330段の石段には、鬼が三匹かくれています…3匹、3匹の鬼を探しながらだと…330段も、わりと気にせずに、登りきることが、出来る、…かもしれない。

 

f:id:tabicafe:20200416143205j:plain

“武蔵御獄神社”は関東随一の霊場で、紀元前91年創建といわれます。大巳貴命・少彦名命を祭ったのが起源ですが、修験道の拠点として平安時代以降、武将を中心に信仰を集めました。江戸時代からは御師(おし)による講が作られ、今でも“御獄詣”が行われています。

本殿の周りには摂社が配置されています。その1つにオオカミを祭った“大口真神(オオクチマガミ)神社”があり火難・盗難、また厄除けに効く神社として知られています。
日本武尊が山中で難にあった時にオオカミが助けたとされ、オオカミが祭られているのです。この関係で御嶽神社の眷属はオオカミです。また、近くの集落でオオカミの護符を見かける事ができます。

…と案内はここまでです。
マップ左側エリアには、ロックガーデン、天狗岩、天狗の腰掛け杉、七代の滝、綾広の滝などがあるんですけど…実は、管理人は行ったことが無いんです。(ですから案内出来ません…笑)

 

でも管理人からお奨めを…
レンゲショウマ群生地をご案内します。

7月下旬~8月頃、御岳山の富士峰園地北側斜面に数万本のレンゲショウマが可憐に咲きます。(マップ右上)
レンゲショウマは、太平洋側の山地の落葉林内に生えるキンポウゲ科多年草で、細長い花茎を伸ばし、約3~4センチの下向きの可憐の花を付けます。

f:id:tabicafe:20200416145459j:plain
f:id:tabicafe:20200416145445j:plain
f:id:tabicafe:20200416145517j:plain

 夏の御岳山といえば、見逃せないのが「レンゲショウマ」…御岳山は日本一とも言われるレンゲショウマの自生地と知られています。

このレンゲショウマは素晴らしい…可憐という言葉がピタリと当てはまります。
山の斜面一面にレンゲショウマ…これは見に行かなきゃダメ!

 

 

最後に面白ネタ…
ケーブルカーの時刻表で疑問に思った方がいると思います…駅は2つあるのに、出発時刻は一つだけ…疑問に回答します…ケーブルカーは、名前の通り、上と下の列車が1本のケーブルでつながっています…ですから滝本駅と御岳山駅の出発時刻は、同じなんです。(真ん中にすれ違い場所が設けられています…ここは見所…すれ違えるように少し太くなってるんですよ…笑)

 

 

管理人お奨め記事

www.tabi.cafe