旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

東京タワー TOKYO TOWER

f:id:tabicafe:20200502110434j:plain

東京のシンボル…東京タワー

正式名称は日本電波塔。1958年12月23日竣工。高さは333メートル(海抜351メートル)、塔脚の間隔は88.0メートル。

総工費30億円、1年半(197万4,015時間/543日間)と延べ21万9,335人の人員を要して完成した。地上125メートル(海抜約150メートル)と223.55メートル(海抜約250メートル)に展望台を有したトラス構造の電波塔。

先の大戦で焼け野原にされた東京が復興する、いや日本復興の象徴が東京タワーだった。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』で改めて東京タワーの意味を再認識した日本人も多いでしょう。

今回は、そんな東京タワーについて語ります。

 

外国人にうけている
日本を感じる名所東京タワー

東京タワー…いいですね。…昭和って感じがします。…最近はレトロ感があります。…高さ333m…覚えやす。
「電波塔としての役割は、東京タワーから東京スカイツリーに引き継がれた」というイメージがありますけど東京タワー、まだまだ現役、元気に営業を続けています。
管理人は何回も東京タワーに行きました。上りました。とても思い入れの深い場所。

実は現在、この東京タワーに外国人が殺到しているらしいんです。人気は2階にある、昔ながらの土産店が並ぶ「東京おみやげたうん」…ちょっと懐かしい雰囲気が残るこのエリアが外国人観光客に受けています。

いわゆる“ザ・東京”といった、日本人から見るとベタな土産物が喜ばれている。侍、刀、忍者、芸者、浴衣、提灯、ペナント、駄菓子、ラムネ、けん玉、京都、富士山、… ”よくぞここまで揃えたな” …って思うほど。…管理人の世代になじみの深い東京タワー…まだまだ元気です。


ビルに映る東京タワー

山梨方面、神奈川方面に遊びに行った帰り、日は暮れ暗くなった高速を走る楽しみがある。首都高に入り、千葉に向かうためレインボーブリッジ向かう途中、芝公園辺りを通ると東京タワーをまじかに見る事ができる。

f:id:tabicafe:20200502102354j:plain
f:id:tabicafe:20200502102324p:plain
f:id:tabicafe:20200502102341p:plain

 

東京タワーには、スカイツリーにない楽しみがある。東京タワーの回りはビルばかり。…そのビルのガラス張りの壁面に東京タワーが映りこんでいる。…遊び疲れて帰る途中の一服の一時、最後の観光、楽しみだ。

 

そろそろ東京タワーの観光案内に移ります

まずはメインデッキから…エレベーターで一気に150m上がってメインデッキへ。…150mかなり高い。周囲のビルを見下ろす爽快感はなんとも言えません。

実は更に100m上にはトップデッキなるものがありまして、管理人は上った事はありません。150mで感動ものなんですから、250mは違う世界、一度体験したいと思います。トップデッキへは2800円かかります。(メインデッキまでは1200円)

メインデッキで高さに感動したら、地上に降りるんですけどこの地上エリアがまた楽しいんです。

5階建、地下1階の商業ビル。
5階:東京ワンピースタワー(メインデッキとセットで3500円)
4階:東京ワンピースタワー(      〃        )
3階:ショップ
2階:ショップ
1階:チケットセンター、レストラン
B1:タワーホール(なにも無し)

f:id:tabicafe:20200502110724j:plain

管理人の独り言

昭和の香り、レトロ感を味わいたい方は、東京タワーいいと思います。管理人が最近訪問したのは はとバスツアー” に参加しまして最後の立寄りが東京タワーでした。東京タワーは大変な観光資源だと再認識!

バスで東京を観光していて東京タワーが見えるだけでテンションが上がります。はとバスのガイドさんも心得たもので…「はい、皆さんご注目を…左前方のビル…通り過ぎます…見えました!素晴らしい東京タワー!!」…とお客様を盛り上げます。

日本人にとって…日本人というのはちょッとオーバーかな…。関東の人間にとっては、富士山に匹敵するくらい…見えるだけ嬉しい…安心感をあたえる存在が…東京タワーなんです。…スカイツリーじゃないんです。…東京タワーじゃなきゃダメ!!

 

 

 

当ブログお奨め記事

www.tabi.cafe