旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。…当ブログ記事は転載OK…リンクを貼っていただけるなら遠慮なくお好きにお使いください。

山梨の秘境…名瀑 一之釜

f:id:tabicafe:20200418112911j:plain

山梨の秘境…名瀑 一之釜

一之釜、…実は、あまり知られていません…最近になって発見されたというか…見直されたといいますか注目度が急速に高まっている場所です…。

実際に地元のバスの運転手ですら知らなかったりします…。
ですから観光地として、まだ整備されていません…滝まで人の通れる道は付いていますけど…下り坂、足元、気を付けなければいけない道です。…まさに秘境と言うべき所だと思います。

それでは散策マップの説明です…
赤枠:駐車場」、「青枠:一之釜入口」、「緑枠:女滝・男滝・釜沢滝」

f:id:tabicafe:20200418113445j:plain

 

駐車場から赤いラインで進んで一之釜入口が出てきます。

f:id:tabicafe:20200418113612j:plain

ここを左に戻るくらい鋭角に下りる下り坂を進みます。
細い道をひたすら降りてゆくと吊り橋があります…

f:id:tabicafe:20200418114737j:plain

吊り橋、手前左が女滝、渡った右が釜沢滝…橋を渡って階段を下りた正面が男滝です。

駐車場からですと…男滝までは歩いて15分程でしょうか。
10分くらいは、普通の道を歩きます…けど道をそれて滝までの5分、脅かすわけではありませんけど…正直…道はかなり細く、急な下り坂です、足元、良くはありません。…そんなに心配する必要はありませんけど行く方は、覚悟は決めて行った方がいいと思います。

 

一之釜の云われ

三本の滝、男滝、女滝、釜沢滝…この三本の滝が落ち込む釜の底という意味で、一之釜と呼ばれています。

滝の水しぶきが飛び散って爆音が轟きます。
岩の壁でできた大きな釜の中にマイナスイオンが充満しています…その中に自分が入っているような感覚です。
ここは凄い…お奨め…是非、チャレンジしていただきたい一之釜でした…。

 もう一点!…
お手洗いは簡易トイレが2個あります…地元の方が管理しているトイレ…使用する場合は管理費を気持ち収めてください。(100円程度かな…)

f:id:tabicafe:20200418114644j:plain

やはり、観光する側も…観光地を守る…観光地を育てるという気持ちが必要だと感じる事が出来る一之釜でした。

 

管理人からの耳寄り情報
一番底の男滝…滝の落ち込む左側の壁に…武士が滝に向かって矢を射る姿に見える岩があります…この岩を見つけられた人は上級者!!

 

 

当ブログお奨め記事

www.tabi.cafe