旅cafe

旅行会社の元社員が書く旅日記です…観光情報、現地の楽しみ方、穴場スポットなどを紹介します。

山梨県立美術館

f:id:tabicafe:20200427165600j:plain

山梨県立美術館
YAMANASHI PREFECTURAL MUSEUM of ART

山梨県立美術館といったらミレーです。19世紀フランスの画家ジャン=フランソワ・ミレー。彼はそれまで絵画の主題となりえなかった、自然とともに生きる農民たちの姿を描き、評価を確立しました。1984年にパリ郊外のバルビゾン村に移住して、世界的に有名な「種まく人」などを制作しました。

山梨県立博物館、ミレー館ではミレーの代表作《種をまく人》《落ち穂拾い、夏》のほか、《冬(凍えたキューピッド)》《鶏に餌をやる女》《夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い》《グレヴィルの断崖》《ポーリーヌ・V・オノの肖像》《角笛を吹く牛飼い》などの作品を展示しています。

f:id:tabicafe:20200427152238j:plain
f:id:tabicafe:20200427152400j:plain
f:id:tabicafe:20200427162040j:plain
《種をまく人》《落ち穂拾い、夏》《冬(凍えたキューピッド)》
f:id:tabicafe:20200427162236p:plain
f:id:tabicafe:20200427162249j:plain
f:id:tabicafe:20200427162300p:plain
《鶏に餌をやる女》《夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い》《グレヴィルの断崖》
f:id:tabicafe:20200427162353j:plain
f:id:tabicafe:20200427162829j:plain
《ポーリーヌ・V・オノの肖像》《角笛を吹く牛飼い》

山梨県立美術館ではミレーの作品を全部で70作品所蔵。この70作品という数は世界的に見ても極めて多く、たとえばルーブル美術館オルセー美術館でもミレーの作品は30〜40作品程度の所蔵です。

これだけで山梨県立美術館に来る価値あります。…が、それだけじゃないんです。
萩原英雄記念室では、コレクション品の中から20世紀の西洋版画作品の中でも点数が多い、マティス、ルオー、ピカソシャガールの作品をご紹介いたします。

マティスシャガールっていったら管理人の一番好きな画家…ここも注目していただきたい。

 

耳寄り情報…
山梨県立美術館は、芸術の森公園の中に位置しています。芸術の森公園は、山梨県立美術館ほか山梨県立文学館をふくみ、随所に彫刻を配置した公園です(6.0ha)。 バラ園、日本庭園、ボタン園もあり、散策するには最適!…天気の良い日はお弁当を持って出かけましょう。

それとさすが県立美術館…無料の大駐車場があり、更に入館料が安い、510円で入れることも評価ポイント。美術館、公園、文学館と一日楽しめるのが山梨県立美術館です。

 

 

当ブログお奨め情報

www.tabi.cafe